2019-12-23から1日間の記事一覧

法華経 現代語訳 74

妙法蓮華経 嘱累品 第二十二 (注:今回は、二十二章にあたる『嘱累品(ぞくるいほん)』である。「嘱累」という言葉は、適切な現代語は見当たらないが、この法華経では、「この経を広めるために委ねる」という意味であり、この直前の『如来神力品』の中にも…

法華経 現代語訳 73

妙法蓮華経 如来神力品 第二十一その時に、千の世界を微塵にしたほどの数の大いなる菩薩たち、および地より涌き出た菩薩たちは、みな仏の前において一心に合掌し、その尊い御顔を仰ぎ見て、仏に次のように申しあげた。「世尊よ。私たちは世尊とその分身の諸…

法華経 現代語訳 72

この僧侶の命が終わろうとした時、虚空の中において、威音王仏が昔説かれた法華経の二十千万億の偈をつぶさに聞き、それをすべて受け保ち、そして先に述べた清らかな眼、耳、鼻、舌、身、意識を得た。(注:この清らかな眼、耳、鼻、舌、身、意識を、原語で…