2019-12-30から1日間の記事一覧

法華経 現代語訳 82

(注:今回は、この『観世音菩薩普門品』の詩偈の部分となる。実は、二十二章にあたる『嘱累品』から最後までの各章において、全体的な散文の箇所の内容を、同じ内容の詩偈で繰り返すパターンで記されている章は、この『観世音菩薩普門品』だけである。さら…

法華経 現代語訳 81

もし婬欲が多ければ、常に念じて観世音菩薩をつつしみ敬うならば、欲を離れることができるであろう。もし怒りの思いが多ければ、常に念じて観世音菩薩をつつしみ敬うならば、怒りを離れることができるであろう。もし愚痴が多ければ、常に念じて観世音菩薩を…

法華経 現代語訳 80

妙法蓮華経 観世音菩薩普門品 第二十五その時に無尽意(むじんに)菩薩は、座より立って、片方の右の肩を現わして(注:仏を礼拝する姿勢)、合掌し仏に向かって、次のように申し上げた。「世尊よ。観世音菩薩はどのような因縁によって、観世音と名づけられ…