法華経 現代語訳 49

その時、釈迦牟尼仏は、さらにご自分の分身の諸仏をみな受け入れるために、あらゆる方角の二百万億を千億倍した数の国を、みな清らかな国と変えられた。そこには、地獄、餓鬼、畜生、および阿修羅などの悪しき世界はなかった。また多くの天や人を他の国土に移した。変えられた国の地は瑠璃であり、宝樹で荘厳に飾られていた。その樹の高さは測ることができないほどであり、枝や葉、花や実などみな厳かに飾られていた。その樹の下にはみな、宝の立派な座が設けられていた。高さ五は測ることができないほどであり、あらゆる多くの宝によってできていた。また大海、江河、およびあらゆる高い山もなく、すべて宝の地面で平坦なひとつの仏国土となっていた。宝によってできている網がその上を覆い、あらゆる旗がかかり、大いなる宝の香が焚かれ、多くの天の宝の花がその上に注がれていた。
釈迦牟尼仏は、さらに諸仏が来られて座られるため、またあらゆる方角の二百万億を千億倍した数の国を、みな清らかな国と変えられた。(これに続いて、八方の国についての記述があるが、それは上記と同じであるため省略する)。
(注:娑婆世界はまさに浄土に変わり、そこに、各仏国土にいる釈迦の分身の諸仏が集まってきた。しかしどうやら、娑婆世界が変化した浄土に入りきれなかったらしい。そのように解釈するしか方法はない。そこで、釈迦はさらに娑婆世界以外の数えきれないほどの国を浄土とし、そこに分身の諸仏を集めたのである。サンスクリット原本を見ると、釈迦が自分の分身の諸仏を入れるために、多くの国を作ったと読めるが、結局同じことである。では、これからは娑婆世界に他の多くの仏国土がプラスされた世界が法華経の舞台となるのか、と言うと、特にそのような記述はなく、あくまでも娑婆世界が浄土と化した世界が舞台である。もはや、人間の常識を超えた世界あるいは空間が舞台となっていると解釈して、先に進むしかない。)
その時、東方の百千万億を千億倍した数の仏国土において説法している釈迦牟尼仏の分身の諸仏は、この場所に来た。このように順次、あらゆる方角の諸仏は、みなこの場所に来て、あらゆる方角に座った。
こうして、ひとつひとつの方角の、四百万億を千億倍した数の国土に、諸仏如来は充満したのである。
この時、諸仏は各宝樹の下にある立派な座に座り、みなその侍者を遣わして、釈迦牟尼仏に挨拶をしようとした。それぞれ宝の花を侍者である菩薩に渡して、次のように言った。
「良き男子よ。あなたは耆闍崛山釈迦牟尼仏の所に往詣して、次のように言いなさい。『病少なく、悩み少なくして、気も力も安らかでいらっしゃいますか。また菩薩や声聞の方々も、みな安穏でいらっしゃいますか。』 そして、この宝の花を仏の上に散じて、次のように言って供養しなさい。『彼のそれがし(仏の名前が入る)の仏は、この宝塔を開こうと願っています』と。」
このように、他の諸仏も、使いを遣わして同じようにした。
その時に釈迦牟尼仏は、分身の諸仏がみな集まり、それぞれの立派な座に着いたことをご覧になり、そして諸仏が同じく、宝塔を開くことを願っていることを聞かれ、すぐに座より立って、空中に上りそこに留まられた。すべての人々は起立して合掌し、一心に仏を見上げた。
そこで釈迦牟尼仏は、右の指をもって七宝塔の戸を開かれた。そのとき、まるで大きな城の門の閂(かんぬき)を抜いて開く時のような、非常に大きな音がした。すぐにすべての会衆は、多宝如来が宝塔の中の立派な座に着き、滅度したにもかかわらず、全身が崩れることなく、禅定に入っているかのような姿を見た。さらにまた「良いことだ、良いことだ。釈迦牟尼仏よ。快くこの法華経を説かれた。私はこの経を聞くために、ここに来たのだ」という声を聞いた。
(注:やっと塔の扉が開き、多宝如来の姿を見ることができた。サンスクリット原本によれば、その多宝如来の姿は、やせ細り衰えていたとある。確かに滅度した仏であるので、生きている時と同じような生き生きとした姿では不自然であろう。漢訳においては、その姿を「全身不散」というソフトな一言で表現している。)
その時にすべての人々は、過去の無量千万億劫に滅度された仏が、このような言葉を語るのを見て、今までになかったことだと讃嘆し、天の宝の花をもって、多宝仏と釈迦牟尼仏の上に散じた。
その時、多宝仏は宝塔の中において、座の半分を分ち、釈迦牟尼仏に与えて、「釈迦牟尼仏よ。この座に着かれよ」と告げられた。すると即時に釈迦牟尼仏はその塔中に入り、その半分の座に着いて、結跏趺坐された。
その時、大衆は、二人の如来が七宝の塔中の立派な座にあって、結跏趺坐されている姿を見て、次のように思った。
「仏はあまりにも高く遠くにおられる。願わくは如来の神通力をもって、私たちも共に空中に引き上げていただきたい。」
すると即時に釈迦牟尼仏は、その神通力を用いて、多くの大衆をみな空中に引き上げられた。そして、大きな声で次のように語られた。
「誰がこの娑婆国土において、広く妙法蓮華経を説くだろうか。今はまさにその時である。如来は後わずかでまさに涅槃に入るであろう。そのため仏は、この妙法蓮華経をゆだねる者を求めているのだ。」

 

つづく

 

法華経現代語訳