法華経 現代語訳 64

妙法蓮華経 分別功徳品 第十七

(注:今回から、十七章にあたる『分別功徳品(ふんべつくどくほん)』である。「分別」とは、ここまで多く見られた言葉であるが、そもそもこの言葉には「わきまえる」という意味がある。仏の本当の寿命は永遠なのだ、ということを信じ受け入れた者の功徳は、どれほど大きいものなのか、よくわきまえる、という意味である。)
その時、そこに集まっていたすべての聴衆は、仏の寿命が永遠であることを聞いて、大いに豊かな恵みを受けた。
そして世尊は、弥勒菩薩に次のように語られた。
「阿逸多よ。私はこのように、如来の寿命が永遠であることを説いたが、この聴衆の中の、大河の砂を千億倍して、さらにそれを六百八十万億倍した数の衆生は、無生法忍(むしょうぼうにん・すべての存在は生滅変化の道理を超えていることを悟ること)を得、また、その千倍の大いなる菩薩たちは、聞持陀羅尼門(もんじだらにもん・聞くことを忘れないという力)を得、また、一つの世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは、楽説無礙弁才(ぎょうせつむげべんざい・相手の求めに応じて巧みに教えを説く力)を得、また、一つの世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは、百千万億無量の旃陀羅尼(せんだらに・煩悩と仏の智慧を分ける力)を得、また、三千の世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは、決して退くことのない教えを説く力を得、二千の世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは、清らかな教えを説く力を得た。また、千の世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは、八回生まれ変わった後に、まさに最高の仏の悟りを得るであろう。また、四つの世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは、四回生まれ変わった後に、まさに最高の仏の悟りを得るであろう。また、三つの世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは、三回生まれ変わった後に、まさに最高の仏の悟りを得るであろう。また、二つの世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは、二回生まれ変わった後に、まさに最高の仏の悟りを得るであろう。また、一つの世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは、一回生まれ変わった後に、まさに最高の仏の悟りを得るであろう。また、三千を八倍した世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる衆生は、みな、最高の仏の悟りを求める心を起こした。」
仏が、このように多くの大いなる菩薩たちが、偉大なる教えによる恵みを得ることを説かれた時、虚空の中より、曼陀羅華(まんだらけ・天の花の意味)、摩訶曼陀羅華(まかまんだらけ・「まか」は大という意味)が降り、無量百千万億の宝樹の下にある立派な座に座っている諸仏に注ぎ、また七宝塔の中の立派な座の釈迦牟尼仏、および遠い過去に滅度した多宝如来に注ぎ、またすべての大いなる菩薩と、さらにすべての人々に注いだ。そして、細かい香木の粉が降り、虚空の中で、天の鼓が自ら鳴って、深遠で妙なる音が響いた。また、千種もの天衣が降り、あらゆる種類の首飾りがあらゆる方角にかかった。また、あらゆる宝の香炉に、値がつけられないほどの高価な香が焚かれ、自然にまわりに広がって、すべての聴衆を供養した。一人一人の仏の上に、多くの菩薩があって、宝の傘を持っており、それが連なって梵天のいる天にまで届いた。この多くの菩薩たちは、妙なる声をもって、無量の詩頌を歌って、諸仏を讃歎した。
その時に弥勒菩薩は、座より立って、右の肩を出して合掌し、仏に向って次のような詩偈を説いた。
「仏は希有なる教を説かれた 昔より聞いたことのない 世尊は大いに力があり 寿命は測ることができない 無数の仏の子は 世尊がわかりやすく 恵みの教えを説かれたことを聞き その身が歓喜に満たされた
ある者は退くことのない境地に至り ある者は陀羅尼を得 ある者は相手の求めに応じて巧みに教えを説く力を得、万億の煩悩と仏の智慧を分ける力を得、
また三千の世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは 決して退くことのない教えを説く力を得 二千の世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは 清らかな教えを説く力を得た また千の世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは 八回生まれ変わった後に まさに最高の仏の悟りを得るであろう また四つ・三つ・二つの世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは その世界の数の回数生まれ変わった後に まさに最高の仏の悟りを得るであろう また一つの世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる菩薩たちは 一回生まれ変わった後に まさに最高の仏の悟りを得るであろう このような衆生は 仏の寿命がとてつもなく長いことを聞いて 煩悩のない清らかな果報を得 また三千を八倍した世界を微塵にしたその微塵の数の大いなる衆生は みな最高の仏の悟りを求める心を起こした
世尊が無量不可思議の教えを説かれた時 多くの者に注がれた恵みは 虚空が無辺のように測ることができない
天の曼陀羅 摩訶曼陀羅は降って 帝釈天梵天は大河の砂の数ほど多くの仏国土より来た 高価な香木の粉は 飛んだ鳥が空から降りて来るように降って諸仏に注ぎ供養し 天の鼓は虚空の中に 自然と妙なる音を出し 千万億の天衣は下り あらゆる宝の香炉に高価な香が焚かれて 自然にまわりに広がって 多くの世尊を供養した 多くの大いなる菩薩たちは 妙なる高い七宝の傘を持ち 連なって梵天まで届いた 一人一人の諸仏の前に 宝の旗が掛けられた また千万の偈をもって 多くの如来を讃嘆した
このようなあらゆる出来事は 昔より今までなかったことである 仏の寿命が無量であることを聞いて みな歓喜した 仏の名はあらゆる方角に聞えて 広く衆生を悟りに導く 一切の善根を備えさせ 最高の悟りを求める心を導く」

 

つづく

 

法華経現代語訳