撰時抄 その3

問う
竜樹や天親(てんじん・世親とも言われる。4世紀から5世紀のインドの僧侶。仏教の心理学ともいえる唯識(ゆいしき)思想の大成者)などの学者の論書に、このことは述べられているのか。
答える
竜樹や天親たちは、心の内には思っていても、言葉にはしなかった。
さらに追及して言う
なぜそれを説かなかったのか。
それには多くの理由がある。まずは、その時には、その教えを聞くことのできる能力のある者たちがいなかったのである。そして二つめの理由は、時がまだ至っていなかったのである。三つめには、彼らはまだ『法華経』の本当の意味を教えるために現われた者たちではなかったからである。
さらに求めて言う
このことは、もっとよく聞かせていただきたい。
答える
釈迦が死んだ日は、二月十五日なので、二月十六日から、正法の始まりである。迦葉尊者(かしょうそんじゃ・摩訶迦葉(まかかしょう)のこと。釈迦の十大弟子のひとりで、直接、釈迦から教団の後継者として指名されたと言われる)は、仏から後を引き継ぎ二十年、次に阿難尊者(あなんそんじゃ・釈迦のいとこであり、釈迦に常に付き従い、最も多く釈迦の説法を記憶していたと言う)が引き継ぎ二十年、次に商那和修(しょうなわしゅ)が二十年、次に優婆崛多(うばくった)が二十年、次に提多迦(だいたか)が二十年、以上の百年間はただ小乗仏教の経典の教えのみが広まり、大乗仏教の経典はその名前さえなかった。どうして『法華経』を広めることができようか。次は(名前は省略する)四~五人の師が教えを継いだが、この五百年あまりの間は、大乗仏教経典の教えが少し形成されていたけれど、とりたてて広まらなかった。あくまでも、小乗仏教の教えが表に出ていた。以上、これが『大集経』に述べられている、悟りを正しく開くことのできる五百年間の時代(解脱堅固)である。

(注:竜樹や天親が、『法華経』が最後の末法の世で広められるべきであるという教えを説いていないのは、彼らは知ってはいたが口には出していなかったからだ、ということは、もうそれだけでも論理を逸脱している。もちろん、その証拠となる文献は示されておらず、もちろんそんな文献はあるわけがない。ましてや、口には出していないけれども、心の内には知っていた、などということは、何でもありの意味のない言葉である。そして、三つの理由らしきことがあげられているが、これらも証明する文献などはあげられておらず、またそのような文献などあるわけがない。
次に、すべての経典は釈迦が説いた教えだ、という、現在の仏教学から見れば誤った前提に立って、釈迦死後の仏教の流れを説明しているが、まず、小乗仏教の経典は、早くから流布していたが、大乗仏教の経典は、初期の五百年間は、その名前すらあがっていない、と言っている。これは、あまりにも当然のことで、大乗仏教は、紀元直後から起こった大乗仏教運動の中で創作されていった経典なので、釈迦は紀元前5世紀から4世紀の人であるが、その釈迦が死んでからの紀元前五百年代は、そもそも大乗経典は存在していない。
しかし、もちろんそのことは知らない日蓮であるから、釈迦が死んでから五百年間は、大乗経典は表に出ていなかった、という表現をするしかない。そもそも、これはどういう意味であろうか。小乗経典であろうが大乗経典であろうが、それらはすべて釈迦が説いた教えならば、それらは釈迦が死んで間もなく、人々に言い広められ、やがて文字にもされたであろう。わざわざ、小乗仏教の経典だけを文字化して、その他の大乗経典は文字にはされない、などということはあり得ないし、もし文字化されて存在していたのなら、それらはどこにあったのであろうか。どうやら日蓮は、それもまだ時が至っていなかったので、大乗経典は存在していたけれども、僧侶たちは、それに目もくれなかった、と理解して納得していたとしか考えようがない。
そもそも、小乗仏教とは、大乗仏教の人々が、それまでの仏教を蔑んで、劣った教えだとして小さな乗り物と言う意味の小乗と呼んだまでのことであり、実際は、大乗仏教の人たちが小乗と名付けた教えのみが、実際の歴史上の釈迦が説いた教え、あるいは、その教えに近い教えである。したがって、釈迦が死んで後の五百年間は、小乗仏教の経典のみがあった、ということは、ある意味、当然である。大乗仏教の経典がどこかに隠されていたわけではなく、もちろん、そのようなことがあろうはずがなく、それらは存在していなかっただけなのである。)

正法の後半の六百年から一千年になるまでの五百年の間は、馬鳴菩薩(めみょうぼさつ・菩薩とは、その人物を最大限に尊敬しての呼称。馬鳴は、1世紀から2世紀の仏教文学者。最初はバラモン教の僧侶であったが、後に回心して仏教の僧侶となり、優れた詩を残している。『大乗起信論(だいじょうきしんろん)』という大乗仏教思想の書物を記したと言われているが、現在の仏教学ではそれは否定されている)や竜樹菩薩(竜樹も、最初はバラモン教の僧侶であったが、後に仏教の僧侶となり、繰り返すが、大乗仏教思想の大成者となった)(他の人物の名は省略する)などの十人あまりの人々は、最初は外道(げどう・仏教以外の宗教)の者であったが、後に小乗経典を究め、さらには大乗の経典をもって、多くの小乗経典を打ち破った。これらの偉大な人物たちは、多くの大乗経典をもって多くの小乗経典を論破したが、多くの大乗経典と『法華経』の優劣は述べなかった。


(注:紀元後の時代となり、竜樹などの大乗仏教思想を構築していった人物が出たことは確かであるが、日蓮のこの文章の中で、なぜ紀元後になって、大乗仏教経典が人々の目に触れるようになったか、ということは説かれていない。繰り返すが、もちろん実際は、紀元後の時代になって、大乗仏教経典が創作され始めたのである。)

たとい、その優劣を少し説いたようだけれども、本迹の十妙(ほんじゃくのじゅうみょう・本とは本門のことで、『法華経』の後半のこと。迹とは迹門のことで、『法華経』の前半のこと。天台大師は、『法華経』の奥義(妙)を十の方面から解き明かしている)や、二乗作仏(にじょうさぶつ・本来仏にはなれないとされていた菩薩以外の人も、仏になることができるという教え)や、久遠実成(くおんじつじょう・釈迦の本当の寿命は永遠であるという教え)や、已今当の妙(いこんとうのみょう・『法華経』の中に、「すでに説き、今説き、当(まさ)に説くであろう」という言葉がある。つまり釈迦は、その奥義(妙)を過去と現在説いてきたが、今まさに『法華経』を説くことによって奥義(妙)が明確に示されるという意味)や、百界千如(ひゃっかいせんにょ・仏教では、人間が生まれ変わる世界を十種類あげるが、その一つ一つの世界にはすでに、他の世界が具わっているということで、10×10=100世界になり、さらにその百世界のひとつひとつは、『法華経』で説かれる十種類の範疇(十如是・じゅうにょぜ)が具わっているとして、100×10=100の如是になる。つまり存在すべてをこのように表現し、瞑想(観心・かんじん)する時の対象とする)や、一念三千(いちねんさんぜん・百界千如で導き出された千如是のひとつひとつには、さらに五蘊世間(ごうん・人間の認識作用を五つに分けたもの。その認識作用の世間とは、一個人の認識の世界のこと)と衆生世間(その個人が集まった世界のこと。いわゆる社会)と国土世間(その社会が集まって存在する国土を指す)の三つの範疇があるとして、1000×3=3000世間となる。この三千、つまり人間を取り囲むすべては、たった一瞬の心の動きである一念に含まれる、という教え。これも観心の結果、悟られる真理だとするのが天台教学の中心である。日蓮は、この一念三千は、さらに南無妙法蓮華経の題目を唱えることによって実現すると言う)などの重要な教えは明らかにされていない。ただそれは、指を使って月を指すようなものであって、その教えの真理そのものには至っていない。
あるいは、文の中で、それらの教えの一端くらいは書いているが、釈迦がどのように人々を導いたか、師である釈迦とその弟子たちの関係の浅さや深さについて、その教えによって悟りを得られるか得られないか、などについては、全く述べられていない。
これらは、正法が終わってからの五百年のことであり、『大集経』でいうところの、修行はよく行なわれていた時代(禅定堅固)の時である。

(注:ここまでは、釈迦が死んでからの、前半500年間と後半の500年間、つまり、『法華経』は広く流布してはいなかったが、正しい教えが伝えられ、修行もしっかりと行なわれている正法(しょうぼう)の千年間のことが説かれていた。そして、これからは、像法(ぞうぼう)と呼ばれる期間についての記述となる。
当時ばかりではなく現在も、釈迦の生没年については明確な定説がないが、だいたい、釈迦は紀元前5世紀から4世紀の人と見て間違いはない。しかし日蓮当時の日本では、釈迦が死んだのは、西暦でいうと紀元前949年とされていた。したがって、最終的な時代である末法(まっぽう)は、すでに見てきたように、釈迦の死後二千年後に始まるのであるから、平安時代の中期にあたる1052年(永承7年)に始まった、という説が有力であった。2000-948=1052だからである。
日蓮は、1222年から1282年の人物であるから、まさに、これから末法(まっぽう)が本格化するという危機感を持ち、さらにその危機感を裏付けるような事件が、日本の国と、自分の身の回りと自分自身に降りかかって来たのであった。
さて、ここまでは日蓮から見ても、あまりにも遠い昔の時代のことを扱ってきたので、記述自体がかなり抽象的であったが、これからは日蓮にとっても具体的に知ることのできる時代となるので、記述も具体的になっていき、読んでいる方としても、少しホッとできる箇所となる。)

 

つづく

 

日蓮 #撰時抄