仏頂尊勝陀羅尼経 その2

その時、帝釈天は仏に次のように申し上げた。
「世尊よ。ただ願わくは如来よ。衆生のために、寿命を増す教えを説いてください」。
その時、世尊は帝釈天の心の中で、この陀羅尼の教えを聞くことを願っていることを知り、次のように呪を説かれた。

(注:陀羅尼は本来意味のある言葉であるが、唱えることに意義があるのであり、意味を考える必要はないため、ここにひらがなによって発音を記す。原本にも意味は記されていない。なお、この陀羅尼は天台宗真言宗禅宗などにおいて唱えられるが、各宗派によって微妙に発音が異なる。ここでは天台宗の読み方によって記す。句点は訳者の判断により入れた。)

「なもばぎゃばていたれいろきゃ。はらちびししゅたや。ぼだやばぎゃばてい。たにゃたおん。びしゅだやびしゅだやあ。さまさまさまんた。ばばさそはらだぎゃちぎゃかな。そばはばびしゅでい。あびしんじゃとまん。そぎゃたばらばしゃな。あみりたあびせいけい。まかまんだらはだい。あからあから。あゆさんだらに。しゅだやしゅだや。ぎゃぎゃな。びしゅでい。うしゅにしゃびじゃや。びしゅでい。さかさらあらしめい。さんそじてい。さるばたたあぎゃたあ。ばろきゃにしゃたはらみたはりふらに。さるばたたあぎゃた。きりたやじしゅたな。じしゅちたまかぼだれい。ばさらきゃやそうかたな。びしゅでい。さるばばらだ。ばやどらぎゃち。はりびしゅでい。はらちにばりたやあゆくしゅでい。さまやあじしゅちてい。まにまにまかまに。たたたあぼたこうちはりしゅでい。びそほたぼうじしゅでい。じゃやじゃやびじゃやびじゃや。さまらさまらさるばぼだあじしゅちたしゅでい。ばしりばさらげるべい。ばさらんばばとまま。しゃりらん。さるばさたばなん。しゃきゃやあはりびしゅでい。さるばぎゃちはりしゅでい。さるばたたあぎゃた。ししゃめい。さまあしばあさえんと。さるばたたあぎゃたあ。さましばさあ。じしゅちてい。ぼっじゃぼっじゃ。びぼっじゃびぼっじゃ。ぼうだやぼうだや。びぼうだやびぼうだや。さまんたはりしゅでい。さるばたたあぎゃた。きりだやあじしゅたな。じしゅちたまかぼだれい。そわか」。

仏は帝釈天に次のように語られた。
「この呪は『浄除一切悪道仏頂尊勝陀羅尼(じょうじょいっさいあくどうぶっちょうそんしょうだらに)』と名付けられる。すべての罪業の陣を除き、すべての穢れと悪道の苦しみを破る。
帝釈天よ。この陀羅尼は大河の砂の数を八十八倍して、さらに百千を十の七乗倍した数の諸仏が同じく語り、喜んで受け保っているものである。大いなる如来が、その智慧の印形を通してこれを表わすのは、すべての衆生の穢れや悪道の苦しみを破るためである。すべての地獄、畜生、閻魔王の世界の衆生を解き放つためである。突然の災難にあって、海の中で生死をさまよう衆生を救うためである。福が薄く短命であり、救う者がいない衆生や、汚れた悪業を願って積んでいる衆生のために説くのである。またこの陀羅尼は、この人間界において力を発揮するために、地獄などの悪道の衆生や、さまざまに生まれ変わりを繰り返す福の薄い衆生、および善業や悪業などを信ぜず、正しい道を失っている衆生に悟りを得させるのである」。

 

つづく

 

仏頂尊勝陀羅尼