阿弥陀経 現代語訳

阿弥陀経

 

このように私は聞いた。

ある時、仏は、舎衛国(しゃえこく)の祇樹給孤独園(ぎじゅぎっこどくおん=祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)・釈迦の教団の代表的道場)において、千二百五十人の大いなる僧侶たちと共におられた。みな大いなる聖者であり、多くの人たちに知られていた。

その僧侶たちの名は、長老である舎利弗(しゃりほつ)、摩訶目犍連(まかもっけんれん)、摩訶迦葉(まかかしょう)、摩訶迦旃延(まかかせんねん)、摩訶倶絺羅(まかくちら)、離婆多(りはた)、周利槃陀伽(しゅうりはんだか)、難陀(なんだ)、阿難陀(あなんた)、羅睺羅(らごら)、憍梵波提(きょうぼんはだい)、賓頭盧頗羅堕(びんずるはらだか)、迦留陀夷(きゃるだい)、摩訶劫賓那(まかこうひんな)、薄拘羅(はくら)、阿㝹楼駄(あぬるだ)などの多くの大いなる弟子たちであった。

さらに、多くの大いなる菩薩たちがいた。文殊師利法王子(もんじゅしりほうおうじ=文殊菩薩)、阿逸多菩薩(あいったぼさつ=弥勒菩薩)、乾陀訶提菩薩(けんだかだいぼさつ)、常精進菩薩(じょうしょうじんぼさつ)などの多くの大いなる菩薩たち、そして釈提桓因(しゃくだいかんにん=帝釈天)などの無量の諸天の大衆がいた。

 

その時、仏は、長老の舎利弗に次のように語られた。

「ここより西の方角、十万億の仏の国土を過ぎたところに、ある世界がある。極楽と名づけられる。

その国土にある仏がおられる。阿弥陀という。今現在でも、そこにおいて説法しておられる。

舎利弗よ。なぜその国土を極楽というのだろうか。その国の衆生(しゅじょう=生きとし生けるもの)は、あらゆる苦しみを受けることなく、ただ多くの楽しみを受けているので、極楽というのだ。

また舎利弗よ。極楽国土には七重の欄楯(らんじゅん・聖域を示す囲い)と、七重の羅網(らもう・宝石で飾られた網)と、七重の並木がある。これらはみな四つの宝石で飾られ、周りを囲っている。このために、その国を極楽という。

 

また舎利弗よ。極楽国土には七つの宝の池がある。

その池は、八功徳水(はっくどくすい・八つの功徳を備えた水)で満ちている。その池の底は、純粋な金の砂が敷きつめられている。

池の四辺には階段のある道がある。それらは金や銀や瑠璃(るり)や玻璃(はり=水晶)などによって作られている。

その上に楼閣(ろうかく)がある。これもまた、金や銀や瑠璃や玻璃や硨磲(しゃこ=しゃこ貝)や赤珠(しゃくしゅ・赤い玉)や碼碯(めのう)をもって飾られている。

その池の中に蓮華がある。その大きさは車輪のようである。青い色には青い光があり、黄色い色には黄色い光があり、赤い色には赤い光があり、白い色には白い光があって、微妙でさわやかな香りがする。

舎利弗よ。極楽国土は、このような功徳によって厳かに飾られているのだ。

 

また舎利弗よ。その仏の国土には、常に天の音楽が奏でられている。

そしてその地は黄金でできている。

昼と夜の合わせて六回、曼陀羅華(まんだらけ・天の華)が降ってくる。

その国の衆生は、常に夜明けにおいて、それぞれが華を盛る器に、多くの妙なる華を入れて、他の方角の十万億の仏を供養し、それも短い時間で本国に帰り、そこで食事をして散歩をする。

舎利弗よ。極楽国土はこのような功徳によって厳かに飾られているのだ。

 

また次に舎利弗よ。その国には常にあらゆる種類の、奇(くす)しく妙なる色とりどりの鳥がいる。白鵠(びゃっこう・天の水鳥)や孔雀や鸚鵡(おうむ)や舎利(しゃり・モズあるいは九官鳥)や迦陵頻伽(かりょうびんが・声が美しい天の鳥)や共命(ぐみょう・顔は人面で身体は鳥)である。

この多くの鳥は、昼と夜の合わせて六回、和音の優雅な声を出す。その声は、悟りに至る教えを説いている。その国土の衆生は、その声を聞いて、みな仏を念じ、その教えを念じ、僧侶を念じる。

舎利弗よ。あなたは、これらは罪によって鳥に生まれてしまったと思ってはならない。それはなぜであろうか。その仏の国土には、罪による悪い生まれ変わりなどないからである。

舎利弗よ。その仏の国土には、なおその悪い生まれ変わりの名前さえない。ならばその存在などあるわけがない。この多くの鳥は、みな阿弥陀仏がその教えを広めようと願われて、作り出されたものなのだ。

舎利弗よ。その仏の国土では、微風が吹いてきて、多くの宝の並木および宝の羅網が妙なる音を出す。それはたとえば百千種の音楽を同時に奏でるようなものである。

この音を聞く者は、みな自ら仏を念じ、その教えを念じ、僧侶を念じる。

舎利弗よ。極楽国土はこのような功徳によって厳かに飾られているのだ。

 

舎利弗よ。あなたはどう思うか。その仏をなぜ阿弥陀というのだろうか。

舎利弗よ。その仏の光明は無量であり、あらゆる方角の国を妨げなく照らしている。このために阿弥陀というのだ。

(注:阿弥陀は、古代インド語の「アミター」の音写文字であって、「アミター」の意味は「無量」である。)

また舎利弗よ。その仏の寿命およびその国の人民も数えることができないほど無量である。このために阿弥陀というのだ。

舎利弗よ。阿弥陀仏が仏となってから今まで、十劫(じっこう・劫は時間の単位。1劫でもほぼ永遠に近いほどの長い時間)である。

また舎利弗よ。その仏に際限がないほど無量の声聞(しょうもん・歴史的釈迦の弟子のこと)の弟子があって、みな聖者の位にある。これについては、人の算数(さんじゅ・数学のこと)をもってしても知ることができない。多くの菩薩たちについてもまた同じである。

舎利弗よ。極楽国土はこのような功徳によって厳かに飾られているのだ。

また舎利弗よ。極楽国土に生まれる衆生はみな、阿鞞跋致(あびばっち・退くことのない位に昇った者)である。その中の多くの者は、一生補処(いっしょうふしょ・一度だけ生まれ変わりを経験した後、仏となる位に昇った者)である。その数は非常に多い。これについては、人の算数をもってしても知ることができない。それを説こうとするならば、際限なく無量の劫の間中、説き続けていなければならない。

 

舎利弗よ。このことを聞く衆生は、まさにその国に生まれることを願うべきである。それはなぜであろうか。このような優れた人物たちに、同じ場所で会うことができるからである。

舎利弗よ。善根福徳因縁(ぜんごんふくとくいんねん・良い結果を生む徳を備えること)が少なければ、その国に生まれることはできない。

舎利弗よ。もし良き男子や女人がいて、阿弥陀仏についての教え聞いて、その名を保ち持つこと、もしは一日、もしは二日、もしは三日、もしは四日、もしは五日、もしは六日、もしは七日、一心不乱に念じるならば、その人の命終る時に、阿弥陀仏は多くの聖なる者たちと共に、その人の前に現われるであろう。そして、その人は命終る時、心が乱れることなく、即時に阿弥陀仏の極楽国土に往生することができるであろう。

舎利弗よ。私はその素晴らしさを見ているために、この教えを説いているのだ。もし衆生がいて、この教えを聞くならば、まさに願を起こして、その国土に生まれるべきである。

 

(注:これより通称「六方段(ろっぽうだん)」と呼ばれる箇所となる。東西南北に上下を加えた六つの方角にいる無数の仏たちが、この阿弥陀仏とこの経を称賛しているという内容であるが、各段は、方角と仏たちの名前が異なっているだけで、内容はすべて同じである。)

舎利弗よ。私が今、阿弥陀仏の不可議な功徳を称賛しているように、東方にまた、阿閦鞞仏(あしゅくびぶつ)、須弥相仏(しゅみそうぶつ)、大須弥仏(だいしゅみぶつ)、須弥光仏(しゅみこうぶつ)、妙音仏(みょうおんぶつ)などの大河の砂の数ほどの諸仏がいて、それぞれの国において、広長舌(こうじょうぜつ・仏の舌が広く長いという意味であるが、仏の教えが普く行き渡る様を表現する言葉)を出して、普くすべての世界を覆い、誠であり真実の言葉をもって次のように説かれる。『衆生であるあなたたちは、まさにこの不可議な功徳を称賛し、すべての諸仏が守護し念じるところの経を信じるべきである』と。

 

舎利弗よ。南方世界に日月燈仏(にちがっとうぶつ)、名聞光仏(みょうもんこうぶつ)、大焔肩仏(だいえんけんぶつ)、須弥燈仏(しゅみとうぶつ)、無量精進仏(むりょうしょうじんぶつ)などの大河の砂の数ほどの諸仏がいて、それぞれの国において、広長舌を出して、普くすべての世界を覆い、誠であり真実の言葉をもって次のように説かれる。『衆生であるあなたたちは、まさにこの不可議な功徳を称賛し、すべての諸仏が守護し念じるところの経を信じるべきである』と。

 

舎利弗よ。西方世界に無量寿仏(むりょうじゅぶつ)、無量相仏(むりょうそうぶつ)、無量幢仏(むりょうどうぶつ)、大光仏(だいこうぶつ)、大明仏(だいみょうぶつ)、宝相仏(ほうそうぶつ)、浄光仏(じょうこうぶつ)などの大河の砂の数ほどの諸仏がいて、それぞれの国において、広長舌を出して、普くすべての世界を覆い、誠であり真実の言葉をもって次のように説かれる。『衆生であるあなたたちは、まさにこの不可議な功徳を称賛し、すべての諸仏が守護し念じるところの経を信じるべきである』と。

 

舎利弗よ。北方世界に焔肩仏(えんけんぶつ)、最勝音仏(さいしょうおんぶつ)、難沮仏(なんそぶつ)、日生仏(にっしょうぶつ)、網明仏(もうみょうぶつ)などの大河の砂の数ほどの諸仏がいて、それぞれの国において、広長舌を出して、普くすべての世界を覆い、誠であり真実の言葉をもって次のように説かれる。『衆生であるあなたたちは、まさにこの不可議な功徳を称賛し、すべての諸仏が守護し念じるところの経を信じるべきである』と。

 

舎利弗よ。下方世界に師子仏(ししぶつ)、名聞仏(みょうもんぶつ)、名光仏(みょうこうぶつ)、達摩仏(だつまぶつ)、法幢仏(ほうどうぶつ)、持法仏(じほうぶつ)などの大河の砂の数ほどの諸仏がいて、それぞれの国において、広長舌を出して、普くすべての世界を覆い、誠であり真実の言葉をもって次のように説かれる。『衆生であるあなたたちは、まさにこの不可議な功徳を称賛し、すべての諸仏が守護し念じるところの経を信じるべきである』と。

 

舎利弗よ。上方世界に梵音仏(ぼんのんぶつ)、宿王仏(しゅくおうぶつ)、香上仏(こうじょうぶつ)、香光仏(こうこうぶつ)、大焔肩仏(だいえんけんぶつ)、雑色宝華厳身仏(ざっしきほうけごんじんぶつ)、娑羅樹王仏(しゃらじゅおうぶつ)、宝華徳仏(ほうけとくぶつ)、見一切義仏(けんいっさいぎぶつ)、如須弥山仏(にょしゅみせんぶつ)などの大河の砂の数ほどの諸仏がいて、それぞれの国において、広長舌を出して、普くすべての世界を覆い、誠であり真実の言葉をもって次のように説かれる。『衆生であるあなたたちは、まさにこの不可議な功徳を称賛し、すべての諸仏が守護し念じるところの経を信じるべきである』と。

 

舎利弗よ。あなたはどう思うか。なぜ『すべての諸仏が守護し念じるところの経』というのだろうか。

舎利弗よ。もし良き男子や女人がいて、この諸仏の所説の名および経の名を聞くならば、この多くの良き男子や女人は、みなすべての諸仏と共に守護し念じられるところとなり、みな最高の悟りに向かって退くことがなくなる。このために、舎利弗よ。あなたたちはみなまさに、私の言葉および諸仏が説かれるところを信じ受けるべきである。

 

舎利弗よ。もしある人がいて、すでに願を起こし、あるいは今願を起こし、あるいはまさに願を起こそうとして、阿弥陀仏の国に生れることを願う者は、みな最高の悟りに向かって退くことがなくなり、その国土において、すでに生まれ、あるいは今生まれ、あるいはまさに生まれるであろう。

このために舎利弗よ。多くの良き男子や女人たちは、もし信じるならば、まさに願を起こして、その国土に生まれるべきである。

 

舎利弗よ。私が今、諸仏の不思議な功徳を称賛するように、その諸仏たちも、また私の不思議な功徳を説いて、次のように語られる。『釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ・釈迦のこと)は、非常に希有(けう)なことをなし、よく娑婆国土(しゃばこくど・この世のこと)の五つの汚れた悪い世、すなわち劫濁(こうじょく・時代の汚れ)、見濁(けんじょく・認識の汚れ)、煩悩濁(ぼんのうじょく・迷いの汚れ)、衆生濁(しゅじょうじょく・身体的汚れ)、命濁(みょうじょく・寿命の汚れ)の中において最高の悟りを得て、多くの衆生のために、このすべての世において信じることが難しい教えを説いている』と。

舎利弗よ。まさに知るべきである。私はこの五つの汚れた悪い世において、この行なうことが難しいことを行ない、最高の悟りを得て、すべての世のために、この信じることが難しい教えを説いている。これこそ、非常に難しいことなのだ。」

 

仏がこの経を説き終わった時、舎利弗および多くの僧侶たち、すべての世の天や人や阿修羅(あしゅら)たちは、仏が説かれたことを聞き、喜んで信じ受け、礼拝して去って行った。