大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 117

『法華玄義』現代語訳 117

 

⑥.h.開麁顕妙について

「第六の位」である「円教」の「位」について述べるにあたっての八つめの項目は、「開麁顕妙」について明らかにすることである。「三乗」を破って「一乗」を顕わす相対的な次元の意義は、前に説いた通りである。「三乗」をそのまま「一乗」とするという絶対的な次元の意義は、前の通りではない。なぜなら、前の「権」は「実」を包んでいるのであり、それは蓮の花が実を包んでいるようなものである。その「権」を開いて「実」を顕わすことは、蓮の花が開いて実が現われるようなものである。この花を離れて別に実はなく、この「麁」を離れて、別に「妙」はないのである。なぜ「麁」を排除して「妙」に行くことができるだろうか。「権」の「位」を開いて、すなわち「妙」の「位」を顕わすのである。

この世の生死の「麁」の心を開けば「妙」が顕われることを知れば、「凡夫」に仏に対する恩があることになり、悟りを求める心を起こしやすくなる。生死がそのまま「涅槃」であるので、二つあることなく別であることなく、「麁」がそのままで「妙」である。もし「凡夫」が「三蔵教」「通教」「別教」「円教」の四つの心を起こせば、またこの四つの「初心」は、みな因縁によって生じるところの心である。すなわちこの因縁は、「即空」「即仮」「即中」であるので、「円教」の「初心」と別々であるのではない。

「蔵教」「通教」「別教」「円教」の「四教」の「初心」は乳に喩えられ、この喩えは「妙」を顕わす。すなわち、乳の中に毒を入れれば、飲む人は死ぬ。この殺すことに早い遅いの違いが生じる(注:毒で人を殺すことは悪いことであるが、ここでは、「発菩提心」である「初心」を乳に喩え、どの教えにも「妙」はあるが、それはまだ顕わされていないという教えを毒に喩え、人を殺すということを、その「妙」についての教えによって煩悩を断じることに喩えている)。もしその「位」をそのまま「妙」とするならば、「五品弟子」の「位」の「仮名妙」を成就し、もし上に進んで方便に入るならば、「相似即」の「位」の「相似妙」を成就し、もしさらに進んで真理に入るならば、「分真即」の「位」の「分真妙」を成就する。

もし「六波羅蜜」の「権位」の「行」を開けば、「檀波羅蜜」はすなわち因縁によって生じるものであり、因縁は、「即空」「即仮」「即中」であるので、「檀波羅蜜」を開いて「仏性」を見ることができる。その他、「般若波羅蜜」に至るまで同様である。これもまた、毒を乳の中に入れて人を殺すことに喩えられる(注:これ以降、毒を入れるものが、乳、酪、生蘇、熟蘇、醍醐となり、「五味」の教えの喩えが用いられる。つまり「五味」の教えの「初心」に毒を入れる、ということになる)。もしその「位」をそのまま「妙」とするならば、「五品弟子」の「位」の「仮名妙」を成就し、もし上に進んで方便に入るならば、「相似即」の「位」の「相似妙」を成就し、もしさらに進んで真理に入るならば、「分真即」の「位」の「分真妙」を成就する。

「円教」の「位」にまだ入らない「方便」の声聞が、「開権顕実」することも同様である。「三蔵教」の煩悩を断じる「位」において、もし「開権」しなければ、永遠に進むことはなく、焦げた種のように悟りへの芽が出ることはない。ここで、「三蔵教」の「析空」を開けば、「即仮」「即中」となる。それは、毒を「酪」の中に入れることに喩えられる。これもよく人を殺す(注:つまりよく煩悩を断じるということ)。この「麁」の「位」をそのまま「妙」とすることは、「相似即」の「位」である。もし進んで次の「位」に入るならば、その「位」に従って「妙」を判断する。次に「通教」の「二乗」と菩薩を開くことも、同様である。「出仮」の菩薩の「位」は、この「仮」を開くならば、「仮」はすなわち「中」である。これは毒を「生蘇」に入れて、人を殺すようなものである。この「麁」の「位」をそのまま「妙」とすることは、「相似即」の「位」である。もし進んで次の「位」に入るならば、その「位」に従って「妙」を判断する。「別教」の「十信」の「位」を開くことは、前と同様である。「十住」を開くことは「二乗」と同じである。「十行」の「位」を開くことは、「通教」の「出仮」の菩薩と同じである。「十廻向」の「無明惑」を抑える「位」を開くことは、「別教」の「中」のままで「円教」の「中」となる。これは毒を「熟蘇」に入れて人を殺すようなものである。この「麁」の「位」をそのまま「妙」とすることは、「相似即」の「位」である。もし進んで次の「位」に入るならば、その「位」に従って「妙」を判断する。「十地」の「位」に登って「麁」を開くことをしなければ、ただ拙い「位」に過ぎない。ここで、この「権」を開いて「実」を顕わすことは、毒を「醍醐」に入れて人を殺すようなものである。「麁」の「位」をそのまま「妙」とすることは、「十住」の「位」である。もし進んで次の「位」に入るならば、その「位」に従って「妙」を判断する。

もしあらゆる「権」を開けば、あるいは「位妙」に留まり、あるいは「妙」に進み入る。「麁」が相対することなく、同じく「妙」を成就する意義については、すでに述べた通りである。ここでさらに譬喩を用いて説くならば、たとえば小国の大臣が大国に行って、小国の時に与えられていた位を失うようなものである。軍隊を預かったとしても、ただの官位に留まる。もし大国のただの役人が、心を仏法に委ねれば、官位は高くなくても、人々に尊敬される。あらゆる教えのあらゆる「位」は、「麁」を開いて「妙」に入るならば、確かに「妙」の「位」に入るといっても、最初から「円教」において発心して「妙」に入った者に比べれば、やはり劣った中から入って来た者となる。「円教」における発心は、まだ「位」に入らないとしても、よく如来の秘密の蔵を知るので、仏となるとされる。「初心」でさえそうであるならば、その後の「位」はなおさらである。

(注:最初の「発菩提心」の時で、すでに「妙」についての真実の教えを知れば、それは「円教」の「位」に入ることになるとある。今まで非常に長い記述を通して、「戒律」の段階について述べられ、非常に緻密にして複雑かつ整然とした「位」について述べられてきており、一見すると、それらをしらみつぶしのようにひとつひとつクリアしていくことにより、上の段階に進むと考えてしまう。かつ、何度も修行者は人と天との間の生まれ変わりを繰り返し、最後に解脱の時を迎える、とあれば、修行者は今の人生をはるかに超えた、非常に長い視野で無数に見える段階を見据え、一歩一歩進んで行かねばならない、という認識が生じる。しかし、もしそのような認識を持ったならば、誰も進んでこの修行の道に入ろうとは思わないであろう。ところが、ここにきて、「円教」の詳しい教えによって、そのような認識は持つ必要がなく、「妙」についての正しい教えを身に付けるならば、「初心」の段階で「円教」に入るのであり、直前の段落で「位」が廃されることが述べられていたように、「円教」以前の「位」は「妙」の教えによって廃されるわけであり、「蔵教」から述べられてきたところの、さっそく今生では実現不可能と思われる数多くの「位」は廃されることを知るのである。それにしても、この「妙」の教えが説かれるまでは、余りにも多くの紙面が費やされて来たわけであり、それは宝所に至るまでの非常に大きな山となってしまっていると言わざるを得ない。このような順番で、実際に天台大師が教えを説いたとは到底考えられない。大師の教えを完璧に文として後の世に残そうとした章安灌頂の熱意が、このすべての仏教教理を網羅する膨大な『法華玄義』を成立させたのであり、そのため、かえって実際の大師の説法がどのようなものであったのかが、全く伝わらなくなっていることも事実であろう)。