大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 153

『法華玄義』現代語訳 153

 

A.4.2.b.②.(2).Ⅱ.本門の十妙を明らかにする。

第二に、「本門」の「十妙」とは、「本因妙」「本果妙」「本国土妙」「本感応妙」「本神通妙」「本説法妙」「本眷属妙」「本涅槃妙」「本寿命妙」「本利益妙」の十種類である。

そして、この「本門の十妙」の解釈において、また十の項目を立てる。第一に「略釈」、第二に「生起の次第」、第三に「本迹の開合を明らかにする」、第四に「文を引いて証する」、第五に「広釈」、第六に「料簡」、第七に「麁妙を論じる」、第八に「権実を明らかにする」、第九に「利益」、第十に「観心」である。

 

第一.略釈

「本門の十妙」の解釈における第一は、「略釈」である。「本門の十妙」の各項目について概略的に述べる。

第一の「本因妙」とは、「本初(ほんじょ・仏が悟りを求めようとした最も初めの時を指す。これは実際、人の智慧では理解できないほどの昔のことである。それが釈迦の生涯に具体的に人の智慧で理解できる形で表現されているとする)」において、悟りを求める心である「菩提心」を発して、菩薩の道を行じて修したところの「因」のことである。十六王子が大通智勝仏の時に『法華経』を広めて結縁するようなことは、これは中間の所作であって、「本因」とは言わない。娑婆世界を擦って墨とし、東に進みながら千の世界を過ぎた時に一点を下し、下した世界と下さない世界をすべて粉々にして塵として、その一つの塵を一劫として数えた歳月に、さらに百千万億那由他劫を過ぎた遠い昔のことである。二度とこの世に生まれ変わらない段階まで進んだ弥勒菩薩は、すべての実在について知り尽くす「道種智」をもって、ただすべての世界の数を数えても知ることができない。ましてや、その世界を結局は塵にした数など、どうして知ることができるだろうか。ただ如来だけが、巧みな喩えを用いて、その非常に遠い過去の相を顕わす。まして、この世の「智慧」をもって、巧みに計算できるだろうか。『法華経』に「私が仏の眼をもって、その久遠(くおん・この非常に長い時間を指す言葉)を見ると、なお今のようである」とある。ただ仏だけがよくこの久遠を知ることができる。その他のことはすべて「迹」の「因」であって、「本因」ではないのである。

もし中間の「因」に留まってしまえば、後に信じることが難しくなる。このために『法華経』において「迹」を除いて疑いを排除している。それは「権」であって「実」ではない。「私がもと菩薩の道を行じる時」とある時は中間の時ではない。これ以上に遠い昔に行じる道のことを「本」とするのである。これがすなわち「本因妙」である。

次の「本果妙」とは、「本初」に行じるところの「円妙」の「因」をもって、「常楽我浄」を悟り得て究めることを「本果」という。「寂滅道場」の廬舎那仏の成仏を指して、「本果」とはしない。また、中間の「果」を指して「本果」とはしない。ましてや、廬舎那仏が初めて成仏することをどうして「本果」とするだろうか。ただ成仏してから今まで、非常に遠く昔の成仏の「果」を指して、「本果妙」というのである。

第三の「本国土妙」とは、「本初」にすでに「果」を成就していれば、必ずその仏の国土がある。今、迹仏(しゃくぶつ・仏が相対的な次元に現われた姿)は浄土と穢土が同時にある「凡聖同居土(ぼんしょうどうごど)」にある。あるいは、「方便有余土」と「実報無障礙土」と「常寂光土」の「三土」にある。中間にはまた以上挙げた合計「四土」がある。本仏(ほんぶつ・絶対的次元にある仏)にもまた国土があるはずである。ではどこにあるのだろうか。『法華経』に「成仏してから今まで、私は常にこの娑婆世界にいて、説法教化している」とある。この経文によれば、実に今日の迹仏の娑婆世界ではなく、また中間の「権」の「迹」の国土でもない。すなわちこれは「本」の娑婆世界であり、これが「本国土妙」である。

第四の「本感応妙」とは、すでに「果」を成就していれば、その「本」の時に証する「二十五三昧」、「慈悲」「四弘誓願」など、「機」と「感」が互いに関係し合うことにおいて、「寂滅」のようで、よく照らす。そのため「本感応妙」というのである。

第五の「本神通妙」とは、また昔の時に得た「無記化化禅」と、同じく「本因」の時のあらゆる「慈悲」が合わさって、施し教化するところの「神通」のことである。最初に悟りに導きやすい衆生を動かすために「本神通妙」というのである。

第六の「本説法妙」とは、すなわち昔に初めて道場に坐し、初めて悟りを成就し、初めて教えを施した「四無礙弁(しむげべん・仏が何ら妨げなく教えを語る四つの能力のこと。言語を理解する①法無礙弁、教義内容を理解する②義無礙弁、あらゆる言語に精通する③詞無礙弁、巧みに教えを説く④弁無礙弁=楽説無礙弁)」をもって説くところの教えを「本説法妙」というのである。

第七の「本眷属妙」とは、「本時」の説法にあずかった人々のことである。『法華経』に記されているところの、弥勒菩薩でさえ知ることのできない「下方」の世界にいる菩薩たちは、まさにこの「本眷属」である。

第八の「本涅槃」とは、「本時」に証するところの「断徳涅槃(だんとくねはん・煩悩を断じ尽くした涅槃)」のことである。またこれは「本時」の「応」が、「凡聖同居土」と「方便有余土」の二土にあって、縁があれば悟りに導き、そして「滅度」に入ると言うことは「本涅槃妙」である。

第九の「本寿命」とは、すでに「滅度」に入ったと言う以上、「本仏」にも寿命の長短、遠い過去や近い過去というものがあるわけであり、それを「本寿命妙」という。

第十の「本利益妙」とは、「本仏」の「業生」「願生」「神通生」「応生」の「眷属」で、最終的に得る「利益」が「本利益妙」である。

 

第二.生起の次第

「本門の十妙」の解釈における第二は、「生起の次第」である。この十種の意義は、衆生の円に応じて説かれており、経典の各文に散見できる。したがって、この十種を上記の順序で説く理由をここに述べる。

「本因妙」を最初に置く理由は、必ず「因」によって「果」が生じるからである。そして「果」が生じれば、「国土」がある。その国に究極の「果」があるために、衆生を照らす。それによって衆生が動けば、教化を与える。教化を与える時、神通がある。神通によって道が開かれれば説法をする。説法を与える対象は眷属である。眷属が悟りを開けばそれは涅槃である。涅槃が成就する時、寿命の長短が現われる。長短の寿命が生じさせる利益については、仏の滅度の後の「正法」「像法」などの利益がある。

このような意義は無量であるが、「本門の十妙」の十種としてまとめるために、次第を設けたのである。

 

第三.本迹の開合を明らかにする

「本門の十妙」の解釈における第三は、「迹門の十妙」と「本門の十妙」の関係性について述べる。「迹門の十妙」の中では、「因」は「境妙」「智妙」「行妙」「位妙」と開いて、「果」は「三法妙」として合わさる。「習果」の「本果妙」、「報果」の「本国土妙」「本涅槃妙」「本寿命妙」が合わさって「三法妙」となるのである。「本門の十妙」の中では、「因」は「境妙」「智妙」「行妙」「位妙」は「本因妙」として合わさり、「果」は「本果妙」「本国土妙」「本涅槃妙」「本寿命妙」と開く。「習果」の「本果妙」が開いて、「報果」の「本国土妙」を明らかにするのである。このように同異を述べるのは、意義の便宜によって、互いに取捨することがあるからである。

「迹門の十妙」の中では、詳しく「境妙」「智妙」「行妙」「位妙」を明らかにする。「本門の十妙」の中では、概略的に述べて、みな「本因妙」としている。意義を理解すれば、その「開合」を知るであろう。「本果妙」とは、すなわち「迹門の十妙」の中の「三軌妙」である。「本感応妙」「本神通妙」「本説法妙」「本眷属妙」は、名称的には「迹門の十妙」と同じである。「本門の十妙」に「本涅槃妙」「本寿命妙」として開くのは、久遠の諸仏の燈明仏、迦葉仏などの仏は、みな『法華経』において「涅槃」に入っているからである。その意義を考えると、本仏は必ず浄土におり、衆生も清浄である。また過去の事柄は成就したので「涅槃」において「本涅槃妙」「本寿命妙」として開くのである。「迹門の十妙」の中にこの二つの「妙」がないのは、釈迦は『法華経』において「涅槃」を説くといっても、『法華経』の中では滅度していない。このことは『涅槃経』に記されている。そのために「迹門の十妙」の中に説かないのである。「本利益妙」は「迹門の十妙」と同じである。

 

第四.文を引いて証する

「本門の十妙」の解釈における第四は、経文を引用して証する。経文と言っても、他の経典や同じ部類の経典の経文は引用しない。ただ『法華経』の「本門」の経文を引用して、この十種を証する。

しかし、『法華経』の「薬王菩薩本事品」には、昔、『法華経』には大河の砂の数をさらに数千兆倍したほどの偈があったと記されている。今の『法華経』の仏は、霊鷲山において、八年間にわたって説法したことが記されている。インドの原典のことは、どうして完全に知ることができるだろうか。この中国の辺鄙な場所では、その大意を知るだけである。人は『法華経』の七巻(注:現在流通している『法華経』は八巻である)を「小経」としている。インドの原典は膨大である。どうして語ることができるだろうか。しかし、それに比べれば数紙に過ぎない中であっても、この十種の証明は備わっている。経文に「私は昔、菩薩の道を行じる時、成就した寿命はまだ尽きていない」とある。これはすなわち「本因妙」を行ずることである。

経文に「私が実に成仏してから数えきれないほどの年月が経過している」とある。また「私が実に成仏してから今まで、久遠であることはこのようである。ただ方便をもって衆生を教化して、この説法をした」とある。これはすなわち「本果妙」である。

経文に「私は娑婆世界において、最高の悟りを得て、このあらゆる菩薩を教化し導いた」とある。また「その時から今まで、私は常にこの娑婆世界にいて、説法教化している。また他の場所においても衆生を導き利益を与えている」とある。この国土はまた今の娑婆世界ではない。これはすなわち「本国土妙」である。

経文に「もし衆生がいて、私の所に来るならば、私は仏の眼をもって、彼らの信心などの能力の高低を観じる」とある。これはすなわち「本時」に衆生を照らす「智慧」である。これは「本感応妙」である。

経文に「如来の秘密の神通力」とある。また中間(注:本からすでに派生している期間、あるいはその期間についての文のこと)の文に「あるいは自身の身を示し、あるいは他の身を示し、あるいは自分のことを示し、あるいは他人のことを示す」とある。すなわちこれは形を「十法界」に現わして、あらゆる姿となることである。「本」においても同様である。これは「本神通妙」である。

経文に「この多くの菩薩たちは、すべて私が教化した者たちであり、仏道に対する大いなる心を起こさせたのである。今、すべては退くことのない位にあり、私の道の教えを修学している」とある。また中間の文に「あるいは自分のことを説き、あるいは他人のことを説く」とある。「本」においても同様である。これは「本説法妙」である。

経文に「この多くの菩薩たちは、身体はみな金色であり、下方の空中に住む。これらは私の子である。私は久遠の昔から今まで、彼らを教化した」とある。これは「本眷属妙」である。

経文に「またこれを涅槃に入ると言う。このようなことはみな方便によって分別する」とある。また「今、本当に滅度することではないが、まさに滅度すると説く」とある。過去からの仏と衆生の縁が尽きれば、滅度すると説く。中間にすでに「涅槃」を称えるのであれば、「本」もまた同様である。すなわち「本涅槃妙」である。

経文に「あらゆる所に自分の名前の不同、年齢の大小を説く」とある。「年齢」とは「寿命」のことであり、「大小」とは長短、常、無常のことである。中間にすでにこのことがあれば、「本」の寿命もまた同じである。すなわち「本寿命妙」である。

経文に「また方便をもって微妙の教えを説き、よく衆生歓喜の心を起こさせる」とある。これは中間の「利益」である。また「仏の寿命の劫数が非常に長いことはこのようなことであると説くことを聞いて、数えきれないほどの衆生は大いに利益を得た」とある。これは「迹門」の中の「利益」である。「迹門」と中間とすでにこのようであるならば、「本」もまた同様である。すなわちこれは「本利益妙」である。

このように、十種の根拠は経典によることであり、人によって造られたものではない。