大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 161

『法華玄義』現代語訳 161

 

〇蓮華をもって十如是の境を喩える(①~⑩)

①たとえば、硬い蓮の実のようである。黒いことは染めがたいことを意味し、硬ければ壊れにくい。四角でもなく丸くもなく、生まれもせず滅びもせず、「劫初」には種もないために生じることがなく、今も初めと異ならないために滅びない。これが蓮の種の相と名付ける。すべての衆生の「自性」の清浄である心もまたこのようである。外からの煩悩に染まることがない。生死が積み重なっても、「心性」は留まることはなく、動かず、生じることなく、滅びることがない。すなわちこれは「仏界」の「如是相」である。『維摩経』に「すべての衆生はすなわち菩提の相である」とあるのは、この意義である。

②たとえば、蓮の種が、黒い皮や泥の中にあっても、その中心の白い肉は変わらないようなものである。すべての衆生の「了因」の「智慧」も、またこのようである。「五住地惑」の泥、生死の「果報」があっても、「一切智」の願はなお失われることはない。これは「仏界」の「如是性」の相と名付ける。このために「煩悩はすなわち菩提」という。また『大智度論』に「諸法は不生であるが、般若は生じる」とあるのは、この意義である。

③たとえば、蓮の種が泥の中にあっても、「色」「香」「味」「触」の「四微(しび・微は妙の意味と同じ。対象を認識することも、妙を認識することという深い洞察から来る言葉。また、人の認識の種類として、色(しき)・声(しょう)・香(こう)・味(み)・触(しょく)の五境(ごきょう)があげられるが、蓮華を認識する場合、声はないとして、この四つを挙げられている)の対象となることには変わりないことを、蓮の種の本体とするようなものである。すべての衆生の「正因仏性」も、またこれと同じである。「常・楽・我・浄」が不動不壊であることを、「仏界」の「如是体」と名付ける。『涅槃経』に「この薬草の薬の味は真実であって、山に生えている。草木叢林も覆い隠すことはできない」と記されていることは、この意義である。

④たとえば、蓮の種が皮の殻に覆われていて、泥の中にあるとしても、やがて花を咲かせようとする意志があって、成長の気があるようなものである。すべての衆生の心も、またこのようである。「苦果」に縛られ、執着に沈められているとはいっても、その中で悟りを求める心は大いに勇猛である。獅子の出す乳のようであり、その体の筋のようである。これを「仏界」の「如是力」と名付ける。ある経典に「もし菩提心を起こせば、無辺の生死を動揺させ、無始の有の輪を破る。閻浮提の人はまだ果を見ることができないが、よく勇猛に発心する」とある。

⑤たとえば、蓮の種は小さいとはいえ、黒い皮の中に、明らかに根、茎、花、葉、しべ、花托(かたく・蓮の種が収まっている蜂の巣のような部位)がすべて収まっているようなものである。これは蓮の種の「如是作」と名付ける。すべての衆生が初めて菩提心を起こすことはこのようなものである。明らかに理解し決心し、「慈悲」「四弘誓願」をもって上に求め下を教化し、誓って成就を取り、志が疲労しない。これを「仏界」の「如是作」と名付ける。『華首経』に「すべてのあらゆる功徳は、みな初めの菩提心の中にある」とあるのは、この意義である。

⑥たとえば、蓮根は泥の中にあっても、花は虚空にあり、風に揺れ陽に照らされ、昼夜に増長し、栄養も足りる。すべての衆生もまたこのようである。「無明」の中から菩提心を発し、菩薩の行を修し、生死を離れて「法性」の中に入る。「因」としての修行が成就し、太陽のような仏に会って、神通力の風を被り、この心は念々に「薩婆若海(さつばにゃかい・一切種智の広大なさまを海に喩えた古代インド語の音写語)」に入る。これを「仏界」の「如是因」と名付ける。ある経典に「無量劫において得る功徳は、五つの茎の蓮華をもって然燈仏に捧げて得た功徳が多いことには及ばない。これは真の因の成就である」とあるのは、この意義である。

⑦たとえば、蓮華がしべに囲まれて、花の中や外に出ているようなものである。これを蓮華の「如是縁」と名付ける。菩薩もまたこのようである。真の「因」の中において、すべての修行や六波羅蜜を具足する。一つの行はすべての行であり、「因」を助けることは、しべが花の中にあるようなものである。「果」を得る時は、あらゆる行が終息することは、しべが花の外にあるようなものである。これを「仏界」の「如是縁」と名付ける。『法華経』に「諸仏のあらゆる道法を行じる」とあるのは、この意義である。

⑧たとえば、蓮華の花が開いて実を結び、その後、葉も花びらも落ちて、花托が残るようなものである。これを蓮の種の「如是果」と名付ける。菩薩もまたこのようである。真の「因」の感じるところの無上菩提の大いなる「果」が円満し、究竟して実を結ぶ。これを「仏界」の「如是果」と名付ける。このために『法華経』に「仏の弟子は道を行じ終わって、来世に仏となることができる」とあるのは、この意義である。

⑨たとえば、蓮の実が花托に囲まれているようなものである。これを蓮の種の「如是報」と名付ける。菩薩もまた同じである。大いなる「果」が円満し、無上の報いが満たされる。「習果」の「果」は、「報果」によることは、実が花托によるようなものである。『法華経』に「このような大果報は、長く修行をして得るところである」とあるのは、この意義である。

⑩たとえば、「色」「香」「味」「触」の「四微」の対象となる泥の中の蓮と、同じく「四微」の対象となる虚空にある蓮と、最初と最後が異ならないようなものである。これを蓮の種の「本末等」と名付ける。すべての衆生もまた同じである。「本有」の「常・楽・我・浄」の「四徳」が隠されていることを「如来蔵」と名付け、修行の結果の「四徳」が顕われることを「法身」と名付ける。「性徳(=如来蔵)」と「修徳(=法身)」の「常・楽・我・浄」は、一つであって二つではない。これを「仏界」の「十如」の「本末究竟等」と名付ける。『首楞厳経』に「衆生の如と仏の如は一如であって二如ではない」というのは、この意義である。

以上で、蓮華を用いて「十如」の「境」を喩えることを終わる。

 

〇蓮華をもって境妙を喩える(①~⑥)

①十二因縁を喩える

蓮の種が黒い皮と泥と水草などで覆われていることは、共通して上に説く通りである。すなわちこれは、「十二因縁」の最初の「無明」の種のことである。よく生じる力は「行」である。中に花やしべが巻かれるようにして備わっていることは「識・名色・六処・触・受」である。種にすでに潤いがあるのは「愛・取・有」である。種が丸く閉じているために出ることができないのは、「老死」である。よく芽が萌え出て黒い皮を切り裂くことは、「無明」の滅である。また黒い皮の中にあって生じないことは、「諸行」の滅である。黒い皮の外に出るのは、「老死」の滅である。これは概略的に「蔵・通・別・円」の「四種」の「十二因縁」を喩えることである。

四諦を喩える

黒い皮は「界内」の「苦諦」を喩え、白い肉は「界内」の「集諦」を喩え、泥は「界外」の「集諦」を喩え、水は「界外」の「苦諦」を喩える。「道諦」と「滅諦」はわかるであろう。これは共通して「四種」の「四諦」を喩えることである。

③二諦を喩える

蓮根や茎や葉などは「俗諦」を喩え、蓮根や茎や葉などの中は空洞であることは、「真諦」を喩える。これは共通して「蔵教・通教・別入通教・円入通教・別教・円入別教・円教」の「七種」の「二諦」を喩えることである。

④三諦を喩える

「真諦」と「俗諦」は上に述べた通りである。蓮華が「四微」の対象となることは「常・楽・我・浄」に対応し、「中道第一義諦」を喩える。これは共通して「別入通教・円入通教・別教・円入別教・円教」の「五種」の「三諦」を喩えることである。

⑤一実諦を喩える

蓮華が「四微」の対象となり、無生無滅であることは、「一実諦」を喩える。

⑥無諦を喩える

「劫初」に蓮華の生なく、今に蓮華の滅がないことは、「無諦」の「無説」を喩える。

以上、蓮華を用いて「境妙」を喩えることを終わる。次に残りの「九妙」を喩える。

 

〇蓮華をもって智妙を喩える

蓮華の内に「生性(しょうしょう・生じる本性)があることは「智妙」を喩え、これから生じる部位が巻かれて備わり、それらに「生性」があることは「空」の「智妙」を喩え、しべや葉の「生性」は「仮」の「智妙」を喩え、「四微」の対象となる花托の「生性」は「中」の「智妙」を喩える。この三つの「生性」は、「一心三智」の「妙」を喩えるのである。