大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 170

『法華玄義』現代語訳 170

 

B.1.2.体を述べる意義について

そもそも、「体」を述べる意義とは何か。『大智度論』に、「あらゆる小乗の経典は、もし無常、無我、涅槃の三つの項目をあげて小乗の印とするならば、すなわちそれは仏の教えである。そしてこれにそって修行すれば、道を得て、逆に、この三つの教えの印がなければ、悪魔の教えとなる。一方、大乗の経典は、ただ一つの教えの印があるのみである。それは諸法実相である。そのような教えを記す経典をみな了義経と名付け、それによって大いなる道を得る。もしこの実相の印がなければ、悪魔の教えである」とある。このために舎利弗は「世尊は実道を説き、悪魔にはこれがない」と言っている。ではなぜ小乗は三つであり、大乗は一つなのであろうか。小乗では「生死」と「涅槃」は異なるとしている。「生死」については、「無常」をもって最初の印として、「無我」をもって後の印として、この二つの印をもって「生死」を説く。「涅槃」はただ一つの寂滅の印とする。このために、三つを用いる。一方、大乗では、「生死」はすなわち「涅槃」、「涅槃」はすなわち「生死」であり、不二不異である。『維摩経』に「すべての衆生は常に寂滅の相である。すなわち大涅槃である」とある。また「本(もと)自ら生じることなく、今すなわち滅することもない」とある。「本生ぜず」とは、すなわち、「無常」「無我」の相ではない。「今すなわち滅することもない」とは、すなわち小乗の寂滅の相ではない。ただこれは「一実相」であるのみである。「実相」であるために、「常に寂滅の相」なのである。「すなわち大涅槃」であり、ただ一つの印を用いるのである。

この大乗と小乗の印をもって、「半(不完全な教えという意味)」と「満(完全な教えという意味)」の経典とするならば、外道も乱すことはできない。天の魔も破ることはできない。世間の公文書に印が押されていれば、信じるべきであることと同じである。まさに知るべきである。あらゆる経典は、最終的には「実相」の印を得ることをもって、完全な教えの大乗とすることができるのである。

 

B.1.3.正しく体を明らかにする

「体」とはすなわち「一実相」の印である。「三軌」においては「真性軌」のことである。「十法界」においては「仏法界」のことである。「仏法界」の「十如是」においては、「如是体」のことである。四種の「十二因縁」においては、「不思議不生不滅の十二因縁」のことである。「不思議不生不滅の十二因縁」においては、「十二支」の「苦道」はすなわち「法身」であるということである。四種の「四諦」においては、「無作の四諦」のことである。「無作の四諦」においては、ただ「滅諦」のことである。七種の「二諦」においては、五種の「二諦」のことである。五種の「二諦」においては、ただ「真諦」のことである。五種の「三諦」においては、五種の「中道第一義諦」のことである。あらゆる「一諦」においては、「中道」の「一実諦」のことである。あらゆる「無諦」においては、「中道」の「無諦」のことである。

もしこの意義を知るならば、「智妙」において、および「十妙」の一つ一つに、正しく「体」について知ることは可能である。

もし譬喩をもって、この意義を明らかにすれば、次の通りである。梁や柱をもって家を建てても、家そのものは、梁でもなければ柱でもない。すなわち、屋内の空間が家である。この場合、柱や梁は「因果」の喩えであり、家は柱でもなく梁でもないということは、「実相」の喩えである。「実相」を「体」とするのであって、梁や柱ではないのである。もし屋内に空間がなければ、入る所がない家となり、そもそも家とは言わない。同じように、「因果」に「実相」がなければ、何も成就しない。『大智度論』に「もしこの空がなければ、すべて何も起こらない」とある。またたとえば、太陽や月は天を天とする役割があって、それは公の大臣などが主を助けるようなものである。太陽と月は二つであるが、大いなる虚空である天は二つはない。大臣などはたくさんいてもよいが、主は多くはない。この意義のために、正しく「体」について知る必要がある。

「三軌」の「乗」を成就することは、「不縦不横」「不即不離」であるが、言い表すために便宜が必要である。そのため、「観照軌」は除いて、ただ「真性軌」だけを挙げる。その意義は明瞭である。「三軌」がすでにこのようであるので、他の方も同様である。

 

B.1.4.経文を引用して証する

法華経』の「序品」に「今、仏は光明を放って、実相の義を明らかにする」とある。また「諸法実相の義は、すでにあなたがたのために説く」とある。「方便品」に「ただ仏と仏だけがよく諸法実相を究め尽くす」とある。その偈の中に「諸仏の法は長い時間の後、必ず真実を説くであろう」とある。また「私は仏としての荘厳な身を現わして、実相の印を説く」とある。舎利弗は理解して「世尊は真実の道を説き、悪魔にはできないことです」と言っている。また「真実の智慧の中に安住して、私は必ず仏となるでしょう」と言っている。「法師品」に「方便の門を開いて、真実の相を示す」とある。「安楽行品」に「諸法の如実の相を観じる」とある。「如来寿量品」に「如来は真実の通りに知見する」とある。『観普賢菩薩行法経』には「昔、霊鷲山において、広く唯一の真実の道を説いた」とある。また「一実の境界を観じる」とある。

このために次のように知ることができる。諸仏は大いなるわざの因縁のために世に出現し、ただ衆生が仏の知見を開き、この「一実」の「非因非果」の理法を見せるのである。『法華経』の経文の真意はここにある。明らかな証拠とすべきである。