大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 179

『法華玄義』現代語訳 179

 

B.4.2.b.④.円教について

 

(注:これ以降、「B.4.2.b.概略的に門に入る観法を示す」の最後の四番目の「円教」について述べられるが、この箇所は非常に長い)。

「円教」における「実相」に入る門の観法を明らかにするにあたって、第一に「Ⅰ.円門」を明らかにし、第二に「Ⅱ.円観」を明らかにする。

 

B.4.2.b.④.Ⅰ.円門を明らかにする

前に述べた「蔵教」の門は、実在に対する認識を滅して真理に通じる(析空観)。その意義を得ることができなければ、多くの争いが起こる。「通教」の「体空観」は、実在を幻と見て真理に通じ、人に争いが起こりようのない法を示す。「別教」の門は、生死の認識を「体空観」によって滅し、次第に理法的な認識を滅して「中道」に通じる。これもその意義を得ることができなければ、多くの争いが起こる。「円教」の門は、生死の認識をそのまま理法的な認識とする。理法的な認識そのままに、「中道」に通じ、人に争いが起こりようのない法を示す。このために文には「無上道(むじょうどう)」とある。また「しかし深妙の道を行ず」とあるのは、この意義である。

「蔵教」と「通教」は、「中道」に通じないので、論じる必要はない。「別教」と「円教」の両種は、共に「中道」に通じる。その「別教」と「円教」の同異を論じれば、概略的に十の項目が立てられる。第一に「融・不融」、第二に「即法・不即法」、第三に「仏智・非仏智」、を明らかにし、第四に「次第・不次第」を明らかにし、第五に「断の断惑・不断の断惑」を明らかにし、第六に「実位・不実位」を明らかにし、第七に「果縦・果不縦」、第八に「円詮・不円詮」、第九に「問答」、第十に「譬喩」である。この十の項目に従って、明らかに「別教」の「四門」と「円教」の「四門」の合計「八門」の同異を知る。

第一.融・不融

「別教」の「四門(空門、有門、亦空亦有門、非空非有門)」は、その拠り所は決定している。「妙有」「真善妙色」は「空門」とは関係ない。「畢竟空」を拠り所とすることは「有門」に関係しない。それに始まって最後の「非空非有門」もまた同じである。

この「四門」は歴別(りゃくべつ・段階的)であり、それぞれの分に通じる。その意義を得ることがなければ、固定的なものとして執着してしまう。実体的な性質に似ているので、ほぼ「冥初(みょうしょ・古代インド哲学における根本的原質)」が、「覚(かく・古代インド哲学における精神原理による観照)」を生じるということと混同してしまう可能性がある。

前に述べた「三蔵教」の「四門」の内の「有門」は、外道の誤った見解を破ることを優先している。次の「空門」などの他の「三門」は、誤った見解を破る働きは小さい。また「通教」の巧みな「四門」は、この「三蔵教」の劣った教えを破る。また「別教」の「四門」は、「通教」の「四門」の浅い教えを破る。すでにここでは声聞と縁覚の「二乗」とは共にしない。どうして外道の「冥初」や「覚」を「妙有」と混同することがあろうか。「妙有」は「如来蔵」によって「四門」を分別するのである。どうしてジャイナ教などの「性実(本質的実体)」に同じだろうか。周璞(しゅうはく・死んだ鼠のこと)と鄭璞(ていはく・玉の原石のこと)の「璞」の文字は同じであるが、指し示す物は天と地の違いがあるようなものである。

今、『十地経論』を学ぶ人は、正しい道に背いて俗に還り、ひそかにこの意義を用いて老荘思想の中に置いている。金と石が混じって、正しいものと誤ったものを混同させ、盲目のような人はきれいな水と濁った水の区別がつかない。あらゆる「四門」の意義を得て、詳しく真と偽を選べば、この盗みのようなことは生じない。

しかし、「別教」は、その拠り所は決定しているといっても、このような論争は諸仏の次元である。声聞と縁覚の「二乗」は知らない。ましてや外道が同じであろうか。「円教」の門は虚空に融合しないところがないように微妙であり、拠り所は決定していない。「有」を説いても「無」と隔たっていないので、「有」において「無」を論じる。「無」を説いても「有」と隔たっていないので、「無」において「有」を論じる。「有」と「無」が「不二」であり、決定する相はない。仮に「有」において言葉の発端とする。しかしあくまでもこの「有門」はそのままで他の「三門」である。一つの門が無量の門であり、無量の門が一つの門である。一でなく四でなく、四であり一であり、一であり四であるのは、「円教」の門の相である。

また次に、さらに誤りを破ることと、すべてを「開会」することについて、「融・不融」の相を明らかにする。もし外道の誤った見解を破っても、「二乗」の誤りを破らず、大乗の「方便」も破らない。

また「開会」しても「円教」ではないことについては、『維摩経』の中に見られるようなことである。凡夫は「開会」できても、声聞はできない。煩悩一般を「開会」して如来の種とすることができても、「無為」を目的とするものは「開会」できない。生死の悪人や煩悩の悪法もみな「開会」できても、「二乗」の「善法」や「四果」の聖人は「開会」することができない。また『般若経』の中に見られるように、「二乗」の行じる「四念処」や「三十七道品」はみな大乗であり、「貪欲」「無明」「見愛」はみな大乗であると明らかにして、善悪の法はみな「開会」できても、また悪人および「二乗」の者は「開会」しない。これらが仏になることを述べないのは、これは「別教」の門に属するからである。

「円教」における誤った見解を破ることについて述べれば、「別教」より下の教えは「方便」である。このために摩訶迦葉は自らを破って「この教えを聞く前の私たちは、みな邪見の人と言わねばなりません」と言っている。すでに邪見の人と言えば、「円教」の正しい道の法ではない。すなわち人と法と共に破られる。「別教」の人と法すらこのようである。ましてや「二乗」の人と法はなおさらである。「二乗」すらこのようである。ましてや凡夫の人と法はなおさらである。このように「円教」における誤った見解を破ることは留まるところはない。

「円教」における「開会」は、あらゆる凡夫が法に執着する人々を「開会」する。『法華経』に「あなたたちはみな仏になるであろう。私はあえてあなたたちを軽んじない」とある。「五逆」の提婆達多もまた「授記」を受け、龍のような存在もまた「授記」を受ける。どうして「二乗」や菩薩が受けないことがあろうか。また「世間の産業もみな実相と異なることはない」とある。すなわちすべての悪法を「開会」するのである。また「あなたたちの行ずるところは、菩薩の道である」とある。「蔵教」の「二乗」ですら、「開会」させられる。どうして「通教」や「別教」がそうでないことがあろうか。「あなたたちは私の子、私は父である」とある。このように人も法も「開会」させられないことはなく、みな共に「円融」する「妙」である。これがすなわち「円教」の門に属することである。

また次に、さらに経文の前後について、「融・不融」の相を明らかにする。先に「不融」の門を明らかにするものは、「十地」より下の「位」の「三十心(「十住」「十行」「十廻向」)」の教えであり、後に「不融」の門を明らかにして、「融」の悟りを説くものは、「十地」以上の「位」の教えである。あるいは先に「融」の悟りを明らかにして「十地」以上の「位」の教えを説き、後に「不融」の門を明らかにするものは「十地」より下の「位」を説く教えである。これらはみな「別教」の門に属する。

先に「融」の門を明らかにして、悟りも「融」であるものは、「十信」より上の「十住」以上の教えであり、後に悟りの「不融」を明らかにするものは「十住」より下の「位」の教えである。あるいは先に「不融」の悟りを明らかにして「十住」より下の「位」の教えを説き、後に「融」の悟りを明らかにするものは、「十信」より上の「十住」以上の「位」の教えである。これらはみな「円教」の門に属する。

(注:「別教」の「位」においては、「十地」以上は「円教」の「十住」と同じとなる。つまり、「融」の門は、「別教」においては「十地」以上、「円教」においては「十住」以上に属するのだ、ということである)。

第二.即法・不即法

もし「有」を説いて門とすれば、この「有」は生死の「有」ではない。生死の外に出て「真善妙有」を説くのである。「空」の門は、「二乗」の真の外に出て、「畢竟空」を説くのである。四番目の「非有非無門」もまた同じである。これは「別教」の「四門」の相である。

もし「有」を門とすれば、生死の「有」そのままそれが「実相」の「有」である。すべての法は「有」に赴く。「有」はそのまま「法界」である。「法界」の外に出て、さらに法について論じることはない。生死はそのままで「涅槃」であり、「涅槃」はそのまま生死であり、二つではなく別ではない。「有」をあげて門の発端とするだけである。真実においてはすべての法を備え、円融無礙である。これを「有門」とする。他の「三門」もまた同じである。これは生死の法そのままに、「円教」の「四門」とすることである。

また次に、法について「遍・不遍」があって、「円教」と「別教」の相を判断することは前に説いた通りである。「五住地惑」について「遍・不遍」がある。

また次に、即法、不即法、あるいは経文の前後について、「円教」と「別教」の相を判断することも前に説いた通りである。

第三.仏智・非仏智

「有」を門として、「一切智」が「空」の法に了達し分別し、「道種智」が大河の砂の数ほどの仏法の差別不同を照らし分別することは、菩薩の「智慧」であり、「別教」の「四門」の相である。

「有」を門として、「一切種智」が「五眼」を備え、円満に法界を照らし分別し、正しく遍く知ることは、諸仏の「智慧」であり、これは「円教」の「四門」の相である。

また次に、「別教」の門に「円教」の「智慧」を説き、「円教」の門に「別教」の「智慧」を説く。あるいは経文の前後について、「円教」と「別教」の相を判断することも前に説いた通りである。

また次に、「別教」の門に「円教」の「智慧」を証し、「円教」の門に「別教」の「智慧」を証する。あるいは経文の前後について、「円教」と「別教」の相を判断することも前に説いた通りである。