大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 180

『法華玄義』現代語訳 180

 

第四.次第・不次第

もし「有」をもって門とすれば、門によって修行する場合、次第する段階の差がある。微かなことから著しいことに至るまで、一つの行の中に無量の行が含まれることはなく、最後の「非空非有門」までこれは同じである。これは「別教」の「四門」の相である。

もし「有」をもって門とすれば、すべての法は「有門」に赴く。門によって修行する場合、同じくすべての行は「有門」の行に赴く。一つの行がそのまま無量の行であることを、「遍行」と名付ける。最後の「非空非有門」までこれは同じである。これは「円教」の「四門」の相である。

また次に、「別教」の門に「円教」の行があり、「円教」の門に「別教」の行がある。あるいは経文の前後について、「円教」と「別教」の相を判断することも前に説いた通りである。

 

第五.断の断・不断の断

至極の真理は虚無(こむ)であり、「無明」の本来の性質はもともと自ら「有」ではない。どうして「智慧」を用いるのであろうか。「智慧」による理解と「煩悩」の惑が共になければ、どうして「円教」や「別教」を用いるのであろうか。『涅槃経』に「誰に智慧があり、誰が煩悩を破るのだろうか」とある。『維摩経』に「貪りや怒りや愚痴の本性は、そのまま解脱である」とある。また「愚痴や愛着を断じないまま、智慧と解脱が起こる」とある。これはすなわち煩悩の「断」と「不断」を論じないことである。『涅槃経』に「闇の時に明るさはなく、明るい時に闇なし。智慧ある時にはすなわち煩悩はない」とある。これは「智慧」を用いて「煩悩」を断じることである。「別教」の「有門」は、多く固定的に分類して、次第に「五住煩悩」を断じて除く。すなわちこれは「思議」の「智慧」による「断」である。その他の「三門」もまた同じである。これは「別教」の「四門」の相である。

「円教」の「有門」は、「智慧」の理解と「煩悩」が「不二」であって、多く「不断」の「断」を明らかにし、「五住煩悩」もみな不思議である。すなわちこれは不思議の「断」である。その他の「三門」もまた同じである。これは「円教」の「四門」の相である。

また次に、「円教」の門において「断」を説き、「別教」の門において「不断」を説く。あるいは経文の前後について、「円教」と「別教」の相を判断することも前に説いた通りである。

 

第六.実位・非実位

もし「有門」に「三界」の中の「見思惑」を断じれば、「三十心(「十住」「十行」「十回向」のこと)」の「位」を判断し、「三界」の外の「見思惑」「無明惑」を断じれば、「十地」の「位」を判断し、「等覚」の最終的段階で「無明」を断じ尽くして、「妙覚」の常住の「果」が「煩悩」の外にあって何事もないと明らかにすれば、これは他の「位」の「因」をもって、自らの「位」の「果」とすることであり、みな「方便」であり、実質的な「位」ではない。後の「三門」も大同小異である。みなこれは「別教」の「四門」の相である。

もし「有門」に初めて発心する時から始まって、「一心三観」によって「三界」の中の「惑」を断じ、円満に「三界」の外の「無明惑」を抑えれば、「十信」の「位」を判断し、進んで、真実の「智慧」を発して、円満に「三界」の外の「見思惑」「無明惑」を断じれば、「四十心(「十住」「十行」「十回向」「十地」のこと)」の「位」を判断し、「等覚」の最終的段階で「無明」を永遠に尽くして、「妙覚」が煩悩の外にあるならば、これは「究竟真実」の「位」である。後の「三門」もまた同じである。これは「円教」の「四門」の相と名付ける。

また次に、「別教」の門において「実位」を説き、「円教」の門において「不実位」を説く。「別教」の門において「実位」を証し、「円教」の門において「不実位」を証す。あるいは経文の前後について、「円教」と「別教」の相を判断することも前に説いた通りである。

 

第七.果縦・果不縦

もし「有」を門とし、門に従って「果」を証するならば、「三徳」に縦(時間的経過)と横(空間的広がり)がある。「法身」は、もともとそなわったものであり、「般若」は修行して身に付けるものであり、「解脱」は初めて満了するものであるということは、ただ「果」の徳が縦に成就するのみならず、「因」もまた限定されることである。「地論宗」の人が「初地に布施波羅蜜を具足する」ということは、他において修行しないということではない。能力に従い分に従うのである。「布施波羅蜜」は「初地」に満了しても、それより上の「位」には通じない。他の法はそれぞれの分に従って具足しないのは、この意義が不完全であるからである。他の「三門」も同じである。これは「別教」の「四門」の相である。

もし「有」を門とし、門に従って「果」を証するならば、「三徳」が備わって不縦不横である。また「因」も同じである。一つの法門にすべての法門を具足して、通じて「仏地」に至る。『華厳経』に「初めの一地より諸地の功徳を具足する」とある。『大品般若経』に「最初の阿字に四十一字の功徳を具足する」とある。他の「三門」も同じである。これは「円教」の「四門」の相である。

また次に、「別教」の門において「果」の不縦を説き、「円教」の門において「果」の縦を説く。あるいは経文の前後について、「円教」と「別教」の相を判断することも前に説いた通りである。

 

第八.円詮・不円詮(注:詮とは経文として表わされた教えのこと)

もし「有」を門とすれば、門は円融しない。あるいは一つが融合し、あるいは二つが融合するのみである。経文の区分(序分、正節分、流通分)について述べれば、門の「序分」は、偏った教えの「方便」である。門の「正説分」は、「不融不即」の菩薩の「智慧」から始まり、偏った教えの「譬喩」などを述べる。門の「流通分」はひるがえって「不融不即」などの教えを結ぶ。他の「三門」も同じである。これは「別教」の「四門」の相である。

もし「有」を門とすれば、一門はそのまま三門である。門の「序分」は、円満な教えの「方便」である。門の「正説分」は、「融即」の仏の「智慧」から始まり、円満な教えの「譬喩」などを述べ、門の「流通分」はひるがえって「融即」などの教えを結び成就させる。他の「三門」も同じである。これは「円教」の「四門」の相である。

また次に、「別教」の門における「円教」を明らかにし、「円教」の門における「別教」を明らかにする。あるいは経文の前後について、「円教」と「別教」の相を判断することも前に説いた通りである。

 

第九.問答

もし「有門」の意義を明らかにする際に、「円教」と「別教」を論じることがなければ、問答を立てて、自ら「円教」と「別教」の趣旨を知ろうとすべきである。他の「三門」も同じである。

 

第十.譬喩

あらゆる門の前後について、金銀や宝物を喩えとしてあげ、あるいは如意宝珠や日や月を喩えとしてあげる。それらを「別教」に当て、あるいは「円教」に当てれば、「円教」や「別教」の相は自ら明らかになる。

 

以上のように、十種の項目をもって広くあらゆる経典を見るならば、「円教」と「別教」の二つの門は歴然と明らかとなる。

また五つの味の喩えをもって分別すれば、「乳味」の教えは両種(別・円)の「四門」であり、「酪味」の教えは一種(蔵)の「四門」であり、「生蘇味」の教えは四種(蔵・通・別・円)の「四門」であり、「熟蘇味」の教えは三種(通・別・円)の「四門」であり、『法華経』(醍醐味の教え)は一種(円)の「四門」である。

法華経』の十種の意義(①~⑩)とは、①「すべての法は空であり、如実の相であると観じる」、「声聞の教えを決了すれば、諸経の王である」、「方便の門を開く」とあるのは、凡夫、小乗、大乗の人の法を融合することである。②「すべての世の産業などは、みな実相と異なることはない」、「すなわち客となっている者は、実は長者の子である」とあるのは、「即法」の意義である。③「仏の知見に開示悟入する」、「今、まさに行じるところは、ただ仏の智慧のみである」とあるのは、すなわち仏の「智慧」である。④「如来の衣を着て如来の座に坐り如来の部屋に入る」などは、すなわち「不次第」の「行」である。⑤「五欲を断じないまま、しかも諸根を清める」、「五百由旬を越える」とあるのは、すなわち「不断」の「断」の意義である。⑥「五品、六根清浄」「宝の乗り物に乗ってあらゆる所に遊ぶ」とあるのは、すなわち「実位」である。⑦「仏は自ら大乗に住み、禅定と智慧の力をもって荘厳し、これをもって衆生を悟りに導く」とあるのは、すなわち「果不縦」である。⑧「合掌して敬う心をもって、すべてが具足している道を聞くことを願う」とあるのは、すなわち釈迦仏が『法華経』を説く前に説いた「円詮(円教を表わすこと)」である。「諸法実相の義はすでにあなたたちのために説いた」とあるのは、すなわち日月燈明仏が『法華経』の後に説いた「円詮」である。⑨智積菩薩と龍女との問答は、「円教」を表わす。⑩「転輪聖王の頭の珠」「この車は高く広い」というのは、みな「円教」の喩えである。この十種の意義がすべて備わっているので、「円教」の門は明らかである。

今ここで、「融門」の四つの相について述べる。「仏の智慧は、微妙第一である」とある通りである。また「私は如来智慧をもって、久遠を観じれば、なお今現在のようである」とある。「智慧」をもって「妙法」を知ることは「有門」である。「すべての法は空であり、常に寂滅の相であり、ついに空に帰す」とあるのは「空門」である。「あらゆる実在は常に無性であり、仏の種は縁より起る」とあるのは「亦空亦有門」である。「如ではなく、異ではなく、虚ではなく、実ではない」という二重の否定は、すなわち「非空非有門」である。

四つの相をもって門を表わし、十種の意義をもって「別教」と「円教」を分ける。このために、この『法華経』は「円教」の「四門」を明らかにすることを知る。