大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 208

『法華玄義』現代語訳 208

 

〇記者が私的に異説について記す。

 

①.異説を挙げて記す

 

①.a.『法華経』と『般若経』の比較

ある人が、『大智度論』の「会宗品」に、十の大いなる経典を挙げていることを引用している。「『雲経』『大雲経』『法華経』がある。『般若経』は最大である」とある。また「大用品」に、「あらゆる善法は、般若の中に入る。『法華経』もまた善法である」とある。また第百巻に「『法華経』は秘密であり、『般若経』は秘密ではない。二乗が仏になることを明らかにしていないためである」とある。また「般若、法華は名称が異なっているだけでる」とある。ここに、『般若経』が『法華経』より優れていること、『法華経』が『般若経』より優れていること、『般若経』と『法華経』が同じであることの三種の説が見られるが、これはどのように通じるのであろうか。

ある人はこれらを合わせて次のように言っている。「あらゆる聖人は無心をもって無相と一つになるとするが、これはあらゆる川が同じ海に入るようなものである。もし衆生を教化するにあたって、無相を宗とすれば、空(そら)がすべてを抱擁するようなものである。『般若経』に盛んにこの無心と無相を明らかにしている。このために十経の中で最大である。また『般若経』に「第一義悉檀」を明らかにしている。このために最大である。また『般若経』の九十品の内の前の六十六品は「実」の「智慧」を明らかにし、「無尽品」より後は「方便」の「智慧」を明らかにしている。この「実」と「方便」の二つの「智慧」は三世の仏の「法身」の父母のようなものである。このために最大である。あらゆる経典にこの二つを明らかにすることは、みな『般若経』に摂取される。問う。あらゆる経典にこの二つを明らかにするというが、この『般若経』自体はあらゆる経典に摂取されるべきではないか。答える。『大品般若経』は最初にもっぱらこの二つを明らかにしているが、他の経典はそうではない。古来、『般若経』は悟りを得る経典とされる。そのため最大である」。

今、言う。そもそもこれは『大智度論』の言葉であり、もっぱら「大」ということについて述べられている。どうして合わせて通じさせる必要があろうか。もし通じさせるならば、「共般若」「不共般若」があるではないか。「不共般若」は最大である。他の経典にもし「不共般若」を明らかにしているならば、その経典は正しい。

その他、合わせて次のように言っている。「『法華経』に二乗が仏になることを明らかにしていることは、秘密である。『般若経』に二乗が仏になることを明らかにしていないので、秘密ではない。秘密はすなわち深く、『般若経』は浅い。なぜなら、『般若経』に菩薩は仏の因であると明らかにしている。意義においてわかりやすいために、秘密ではない。二乗が仏になることは、昔の教えに反する。意義においてわかりにくいので、秘密である。『大智度論』に『薬を用いて薬とするのは、やさしいことであり、毒を用いて薬とすることは難しいようなものである』とある。しかし、秘密教と顕示教は大乗と小乗に共通する。『大智度論』の第四に『顕示教には、阿羅漢は煩悩を断じるので清浄である、菩薩は煩悩を断じていないので清浄ではないと明らかにしている。このために、菩薩は阿羅漢の後に名を連ねている。秘密教の法では、菩薩は六神通を得て、すべての煩悩を断じ、二乗の上を超えていると明らかにしている』。まさに知るべきである。顕示教は浅く、秘密教は深い。今、『般若経』と『法華経』においては、菩薩はみな無法生忍を得て、六神通を備えていると明らかにしている。共に秘密であり、共に大である。秘密についてさらに秘密、不秘密を論じれば、『般若経』に二乗が仏になることを明らかにしていないので、この一つを欠いているために、不秘密というのである。問う。『般若経』はまだ権を開いていないので、まさにこれは秘密である。『法華経』は権を開いているので、まさに顕示教ではないか。答える。もし開権を取れば、問いの通りである。今、浅くやさしいということを取って顕示教としているだけである。問う。もしそうならば、未了(みりょう・まだ明らかにしていないものという意味)をどうして大とするのか。答える。二つの「智慧」によって深く大きいとして、二乗が仏となることを明らかにしていないことを未了とする。問う。すでに深く大きいといえば、どうして二乗は方便であって、仏になることができると説かないのか。この意義が未了ならば、またどうして大なのか。答える。これは一人の解釈ではない。僧叡師も次のように言っている。『般若経』は智慧によって照らし、『法華経』は真実である。理を究め本性を尽くして、すべての行を明らかにすることを論じれば、すなわち真実は智慧によって照らすことに及ばない。大いに真実の教化を明らかにし、もともと三乗はないと理解することを取れば、智慧によって照らすことは真実に及ばない。このように言っているので、深いことを讃嘆すれば、『般若経』の功徳は重い。真実を褒めれば、『法華経』の働きは高い」。

問う:僧叡師を引用しているといっても、枯れ木に登って力を求めても、人と枯れ木が共に倒れてしまうようなものである。この解釈は未了である。今、言う。「不共般若」はいつ二乗が仏になることを明らかにしないことがあろうか。『法華経』の平等大慧とまたどうして相違するだろうか。

 

①.b.あらゆる経論における蔵(教えを蔵に喩えていう言葉)の離合を明らかにする

あらゆる経論に、教えを明らかにすることは一つではない。「論蔵」においては、二蔵がある。「声聞蔵」と「菩薩蔵」である。またあらゆる経典に三蔵がある。先の二つに「雑蔵」を加えるのである。「十一部経」を分類するのは「声聞蔵」であり、「方広部」は「菩薩蔵」であり、「十二部経」を合わせるのは「雑蔵」である。また四蔵があって、これにさらに「仏蔵」を開く。『菩薩処胎経』に八蔵がある。「胎化蔵」「中陰蔵」「摩訶衍方等蔵」「戒律蔵」「十住蔵」「雑蔵」「金剛蔵」「仏蔵」である。これらの蔵はどのように会通するのであろうか。

二蔵を会通すれば、その一つは「声聞蔵」に通じ、二つは「菩薩蔵」に通じる。三蔵を会通すれば、最初の教えは「声聞蔵」に通じ、次は「雑蔵」に通じ、次は「菩薩蔵」に通じる。四蔵を会通すれば、一つ一つが会通する。八蔵を会通すれば、八蔵は魂が母胎に宿って後のことである。四教は仏が教えを説いた後のことである。時節に異なりがある。今は教えを説いた以降の八教をもって会通する。もし「胎化蔵」「中陰蔵」は、まだ『菩薩処胎経』が阿難のために説かれていない時であるので、すなわち「秘密教」である。阿難のために説く時は、すなわち「不定教」である。「摩訶衍方等蔵」は「頓教」である。「戒律蔵」「十住蔵」「雑蔵」「金剛蔵」「仏蔵」の五蔵は、「漸教」における次第である。「戒律蔵」は、「三蔵教」である。「十住蔵」は「方等教」である。「雑蔵」は「通教」である。「金剛蔵」は「別教」である。「仏蔵」は「円教」である。しかし仏の意義は測りがたい。一応比較して、この会通を作る。

 

①.c.四教の名義の典拠を明らかにする

問う:「四教」の名義は、どの経典にあるのか。

答える:『長阿含経』の「遊行経」に、「仏は円弥城の北にある尸舎婆村にあって、四つの偉大な教えを説いた。それは仏に従って聞き、多くの比丘から聞き、数人の比丘から聞き、一人の比丘から聞く。これを四つの偉大な教えと名付ける」とある。

『月灯三昧経』の第六巻に、四種の「修多羅」を明らかにしている。「諸行」「訶責」「煩悩」「清浄」である。私的にこれを解釈して合わせれば、「諸行」は「因縁生」の法である。すなわち「三蔵教」の意義である。「訶責(かしゃく)」は罪を体で知ることなので「通教」の意義である。「煩悩」は、海に入らなければ宝珠を得ることはできない。もし「煩悩」がなければ、「智慧」もない。すなわち「別教」の意義である。「清浄」は、すでに「常楽我浄」の内の一つをあげているので、当然「常楽我」がある。つまり「円教」である。

また一つ一つの教えに四種の「修多羅」が備わっている。「諸行」はすなわち「集諦」、「諸行」の「果」はすなわち「苦諦」、「諸行」は「対治」によって煩悩を「対治」することは、すなわち「道諦」、「諸行」が清浄であることは、すなわち「滅諦」である。これは「三蔵教」の中に四種の「修多羅」を備えることである。

また、「諸行」を訶責することはすなわち「集諦」、「諸有」を訶責することはすなわち「苦諦」、煩悩を訶責する「対治」はすなわち「道諦」、煩悩が清浄となることはすなわち「滅諦」である。これは「通教」の中に四種の「修多羅」を備えることである。

また、煩悩の「諸行」はすなわち「集諦」、煩悩の「諸有」はすなわち「苦諦」、煩悩の行が訶責されることはすなわち「道諦」、煩悩が清浄となることはすなわち「滅諦」である。これは「別教」の中に四種の「修多羅」を備えることである。

また、「涅槃」がそのまま「生死」であることは「苦諦」の清浄である。「菩提」がそのまま「煩悩」であることは、「集諦」の清浄である。「煩悩」がそのまま「菩提」であることは「道諦」の清浄である。「生死」がそのまま「涅槃」であることは、「滅諦」の清浄である。これは「円教」の中に四種の「修多羅」である。

『月灯三昧経』にまた「四論」「四法」「四境界」「四門」「四断煩悩」「四苦」「四集」「四道」を明らかにしていることは、みな「四教」と相応する。具体的にはその経典に記されている通りであり、わかるであろう。

『十地経論』の第九巻に「一念の心に十波羅蜜、四摂事(布施、愛語、利行、同事)、三十七道品、四家を備える」とある。「四家」を解釈して「般若家、諦家、捨煩悩家、苦清浄家である」とある。

私的に解釈すれば、「苦諦」について「初門」とし、「三十七道品」を修して苦を清浄とすることは「三蔵教」の意義である。「捨煩悩家」については、「無相」を体得することを「捨」とし、「色」は「空」であるように「捨」が「無相」であることをもって「三十七道品」を修することを論じることは、「通教」の意義である。「般若家」とは、「般若」の「智慧」が照らせば、「諸法」は明瞭となる。大河の砂の数ほどの法門をみなすべて通達して「三十七道品」を修することは、「別教」の意義である。「諦家」とは、「諦」は「実相」の理法である。すなわちこれは「円教」であり、「実相」について「三十七道品」を修すことである。具体的にはその経典に記されている通りである。