一切如來心祕密全身舍利寶篋印陀羅尼経 その3 (完)

その時、金剛手菩薩は仏に次のように申し上げた。
「世尊よ。もしある人がこの経典を書写して、塔の中に安置するならば、どのような福を得ることができましょうか」。
仏は金剛手菩薩に次のように語られた。
「もし人がこの経典を書写して、塔の中に安置するならば、その塔は、すなわちすべての如来の金剛のような不壊不変の体が集まっている卒塔婆(そとうば・現在では、墓の後ろに立てる塔婆のことをいうが、本来は、古代インド語のストゥーパーであり「塔」という意味である。この言葉が音写されてこの言葉となった)である。また、すべての如来の陀羅尼の神髄を秘密に加持(かじ・仏が衆生に働きかけ、また衆生が祈ればそれに応えるという働き)されている卒塔婆である。すなわち、九十九を百千倍してさらに十の七乗倍した数の胡麻のように無数の如来卒塔婆である。また、すべての如来仏頂(ぶっちょう・仏の智慧の象徴)と仏眼(ぶつげん・仏の智慧の目)の卒塔婆である。すなわちすべての如来が神通力によって守るところである。
またもし、仏の形をした像の中にこの経典を安置するならば、その蔵は七つの宝によってできた像となり、またこの経典が安置された卒塔婆は、同じく七つの宝によって飾られた覆いとなる。それは、すべての宝の玉が網についた露のように結ばれ、それらが交差し、そこに純粋な七つの宝でできた鈴や鐘がある。そして、すべての如来がこの教えの要にその威神力を加えられ、誠実な言葉をもって加持を誓われる。
もしある人が、この塔において善根を植えるならば、必ず最高の悟りに向かって退くことがなくなるであろう。また、地獄の底に堕ちたとしても、この塔を一周回って一回礼拝すれば、必ずそこから解放され、最高の悟りに向かって退くことがなくなるであろう。この塔およびこの経典が安置された仏像がある場所は、すべての如来の神通力によって守られるであろう。その場所には、暴風も雷や雹や雷の害はない。また毒蛇や毒虫や毒のある獣によって傷つけられることはない。また不吉な星の巡り合わせもなく、怪しい鳥やオウムやハッカチョウ、虫やネズミや虎や狼や蜂やヒキガエルの害を受けない。また、悪しき鬼神たちの恐れもなく、またあらゆる病気も近づかない。
もしある人が、この塔を一瞬でも見たならば、すべての災難が除かれ、その塔のある場所には、人間や馬や牛の病気や、子供の病気もない。また、命を失うようなこともなく、また刀の傷を受けることも、水や火からも損なわれることはない。また、敵に侵略されることもなく、飢餓が迫ることもない。魑魅魍魎(ちみもうりょう)の呪いを受けることもない。
大いなる四天王がその眷属(けんぞく・従者のこと)と共に、昼夜を問わずその塔を護衛し、また千手千眼観世音菩薩の眷属である大薬叉将などの二十八部衆、および太陽や月や星や彗星が昼夜を問わず護衛する。またすべての龍王が精気を増して、時にかなって雨を降らせる。またすべての諸天および忉利天(とうりてん・帝釈天が主である天に住む天子たちを意味する)が、日に三度下って来てその塔を供養し礼拝する。またすべての諸仙が、日に三度集まって来て、その塔の周りを巡りながら讃詠する。また、帝釈天とあらゆる天女が、昼夜を問わず日に三度降りて来て供養する。
このように、その塔のある場所は、すべての如来が護念加持(ごねんかじ・常に仏に思われ、仏の働きがあるとい意味)するのである。
もし人がこの塔を、土や石や木や金や銀や赤銅で作るならば、この教えをその中に安置せよ。安置し終わるならば、その塔は七つの宝によって作られた塔となるであろう。上下にさまざまな階層があり、屋根や覆いには七つの宝によってできた鈴や鐘が下げられ、その塔の四方には如来の像が安置されている。すなわち、すべての如来の神通力によって保たれているのである。その七つの宝の塔には、大いなる仏の全身の舎利が納められている。その高さは阿迦尼吒天(あかにたてん・最も高い天であり、別名は有頂天)の宮殿にまで達する。すべての諸天が護衛して供養するのである」。
金剛手菩薩は仏に次のように申し上げた。
「世尊よ。何の因縁のゆえに、このような特に優れた功徳があるのですか」。
仏は金剛手菩薩に次のように語られた。
「それはこの寶篋陀羅尼の威神力のゆえである」。
金剛手菩薩は申し上げた。
「ただ願わくは如来よ。私たちを哀れんで、その陀羅尼を説いてください」。
仏は次のように語られた。
「金剛手菩薩よ。まさに、未来と現在および過去において、涅槃(ねはん・究極的な悟りの境地)に入ったすべての如来の全身の舎利が、寶篋陀羅尼の中にあるのだ。このあらゆる如来の過去現在未来の身体が、この中にあるのだ」。
その時、世尊はすなわち陀羅尼を次のように説かれた。

(注:陀羅尼は本来意味のある言葉であるが、唱えることに意義があるのであり、意味を考える必要はないため、ここにひらがなによって発音を記す。原本にも意味は記されていない。なお、この陀羅尼は天台宗真言宗禅宗などにおいて唱えられるが、各宗派によって微妙に発音が異なる。ここでは天台宗の読み方によって記す。句点は訳者の判断により入れた。)

「なましちりや。じびきゃなん。さるばたたあぎゃたなん。おんぼびはばだ。ばりばしゃりばしゃたい。そろそろだらだら。さるばたたあぎゃた。だとだりはどまんはばち。じゃやばり。ぼだりさんまら。たたあぎゃた。だるましゃきゃら。はらばりたな。ばしりぼうじまんだ。りょうぎゃらりょうぎりてい。さるばたたあぎゃたあ。じしゅちてい。ぼうだやぼうだや。ぼうじぼうじ。ぼっじゃぼっじゃ。さんぼうだにさんぼうだや。しゃらしゃらしゃらんど。さるばあばらだに。さるばはんばびぎゃてい。ころころさるば。しゅきゃびぎゃてい。さるばたたあぎゃた。きりだやばさらに。さんばらさんばら。さるばたたあぎゃた。ぐきゃだあらじぼじり。ぼていそぼでい。さるばたたあぎゃたあ。じしゅちた。だとげるべいそわか。さまやあじしゅちていそわか。さるばたたあぎゃた。きりだやだとぼだりそわか。そはらちしゅちた。そとべい。たたあぎゃたあ。じしゅちてい。ころころうんうんそわか。おんさるばたたあぎゃた。うしゅにしゃだとぼだらに。さるばたたあぎゃたん。さだとびぼしたあ。じしゅちてい。うんうんそわか」。

世尊がこの陀羅尼を説かれた時、その朽ちた塔のあったところから、七つの宝によってできた卒塔婆が自然と湧き出て来た。それは非常に高く広く、厳かに飾られ、妙なる大いなる光明を放っていた。
そして、あらゆる方角から、九十九を百千倍して、さらに十の七乗倍して、さらに一千億倍した数の如来が来て、釈迦牟尼仏を称賛して次のように語った。
「良いことだ。良いことだ。釈迦如来よ。よくこの広大な教えの要を説かれ、人間の世界における教えの蔵として安置された。これは衆生に利益と安穏を与えるであろう。もし、良き男子や良き女人が、この教えの要の通りに、この陀羅尼を塔と仏像の中に安置するからば、私たちあらゆる方角の諸仏は、常にそのところに赴いて、いつも神通力および誓願力によって加持護念するであろう」。
このように、世尊はこの大いなる全身の舍利である寶篋印陀羅尼の仏事を広く行われ、その後、その婆羅門の家であらゆる供養を受けられ、それを通して無数の天と人々に大いなる福利を得させ終わって、そのお住まいに戻られた。
その時、大衆の中の僧侶と尼僧と男女の信者と天竜八部衆たちは、みな大いに歓喜してこの教えを信じ受けて、謹んで行なったのだった。

一切如来心秘密全身舍利寶篋印陀羅尼経 (完)

 

#寶篋印陀羅尼

 

一切如來心祕密全身舍利寶篋印陀羅尼経 その2

その時、仏は金剛手菩薩に次のように語られた。
「この塔は、数えきれないほどのすべての如来の舎利(しゃり・仏の遺骨)が、まるで胡麻のように集まってできている。まさに、真理である心陀羅尼(しんだらに)の教えの要(かなめ)が、今この中にある。
金剛手菩薩よ。その教えの要がこの中にあるので、この塔は、すなわち無量百千の如来の身体が胡麻のように集まったものなのだ。また、無量百千の如来の全身の舎利が胡麻のように集まったものなのだ。さらに、八万四千もある仏の教えのすべてがこの中にあるのだ。すなわちこれこそ、九十九を百千倍してさらに十の七乗倍した数の如来の頂相(ちょうそう・仏の智慧の象徴として如来の頭を指している)が、この中にあるのだ。この塔は、すべての如来によって証されている。この塔のある場所には、大いなる功徳が具わっており、大いなる威徳が満ちており、すべての吉慶(きっきょう・=祝福)があるのだ。
その時、大衆はこの仏の言葉を聞き、数多くの穢れから離れ、煩悩を断って清らかな法眼(ほうげん・悟りによって見る力)を得た。こうして、大衆の中には、須陀洹果(しゅうだおんか・釈迦の弟子として、悟りへ向かう修行に入った段階)を得る者や、斯陀含果(しだごんか・もう一度人間の世界に生まれて悟りを得る段階)を得る者や、阿那含果(あなごんか・再び人間の世界に生まれる必要が亡くなった段階)を得る者や、阿羅漢果(あらかんか・釈迦の弟子としての悟りの完成。以上四つは、釈迦の弟子としての修行の段階、いわゆる小乗仏教における四つの段階であり、四向四果と名付けられる)を得る者や、あるいは、辟支佛(びゃくしぶつ・釈迦の弟子とはならず、一人で修行して悟りを開く者)となった者や、菩薩(ぼさつ・大乗仏教において悟りを求める者の意味)の位に入った者や、阿鞞跋致(あびばっち・大乗仏教の悟りへ向かって退くことがなくなった段階)を得る者や、あるいは菩提授記(ぼだいじゅき・最高の悟りを開いて仏になると言う約束)を得た者や、あるいは初地(しょじ・菩薩の悟りへの最初の段階)や二地から十地(つまり初地から始まって十の段階まで、という意味)を得る者や、六波羅蜜(ろくはらみつ・菩薩の修行で必要な六つの項目)を満たす者がいた。そして妙光婆羅門は穢れを離れ、五つの神通力を得たのであった。

(注:ここまで、さまざまな悟りの段階についての言葉が並べられていたが、つまり、大乗仏教小乗仏教の区別なく、それぞれの者がそれぞれの立場において、またそれぞれの能力に応じて、悟りへの道を進めることができた、ということである)。

その時、金剛手菩薩はこの奇特希有(きとくけう)なことを見て、仏に次のように申し上げた。
「世尊よ。これは非常に奇特希有なことです。ただこの塔について聞いただけでも、これほどの優れた功徳があるのですから、ましてやこの教えの要を行なうならば、あらゆる善根(ぜんこん・良い結果を生じさせる要因)と大いなる福を得るでしょう」。
仏は次のように語られた。
「金剛手菩薩よ。よく聞きなさい。もし良き男子や良き女人あるいは僧侶や尼僧や男女の信者たちがいて、この経典を書写したとする。このような者たちはすなわち、九十九を百千倍してさらに十の七乗倍した胡麻のような数多くの如来の教えを書写したことになるのだ。またすなわち、九十九を百千倍してさらに十の七乗倍した胡麻のような数多くの如来の御前で、善根を植えたことになるのだ。またすなわち、それらの如来に守られ、受け入れられるのである。またもし、この経典を読誦するならば、すなわち過去のすべての仏が説いた経典を読誦したことになるのだ。またもし、この経典を保つならば、すなわち、九十九を百千倍してさらに十の七乗倍した胡麻のような数多くの如来が、その者をどこにいても守り、昼夜を問わず姿を現わすのである。またもし、この経典を花や香や塗香や花飾りや衣服や厳かな法具をもって供養するならば、すなわちその者は、あらゆる方角の九十九を百千倍してさらに十の七乗倍した数の如来の御前で、天の妙なる花や妙なる香や衣服や厳かな法具や七つの宝を須弥山(しゅみせん・仏教の世界観で最も高い山)のように積んで供養したことになるのだ。この経典によって植えられる善根は、このようなものなのだ。
その時、天龍八部衆たちは、この奇瑞を見て、その教えを聞き、互いに次のように言った。「この朽ちた土に埋もれた塔のこの威徳の奇瑞は、如来の神力による神変であることがわかりました」。
その時、金剛手菩薩は、仏に次のように申し上げた。
「世尊よ。何の因縁によって、本来、七つの宝でできているはずのこの塔は、このように土に埋もれているのですか」。
仏は金剛手菩薩に次のように語られた。
「これは土の塊ではなく、あくまでも七つの宝でできている大宝塔なのだ。
そして金剛手菩薩よ。あらゆる衆生の業の結果、それが隠されているだけなのだ。如来の全身が壊れてしまったのではない。如来の金剛の蔵のような身がどうして壊れるだろうか。ただ、衆生の業の結果によって、真実の塔の示現が隠されているだけなのである。
またそして金剛手菩薩よ。後の世で末法(まっぽう・仏教の歴史認識における最後の悪い世の中)が迫ってきた時、多くの衆生は間違った教えを習い行ない、まさに地獄に堕ちるであろう。仏を信ぜず、仏の教えを求めず、僧侶を軽んじ、善根を植えようとしない。このために、まさに正しい教えが隠されてしまうであろう。しかしこの塔だけは、すべての如来の神力によって、このままここにあるであろう。このような理由から、今私は涙を流し、またあらゆる如来もまたこのことのためにみな、涙を流すのである」。

(注:紀元直後から起こった大乗仏教運動は、仏教における生き生きとした宗教活動を復興しようとする運動と言える。この大乗仏教は、歴史的釈迦の遺骨を安置した仏塔を守っていた人たちが起こしたという説が有力である。つまり、今は亡き釈迦の霊的力を、仏塔が引き続き保っているという信仰が、彼らの力となっていたのである。この経典に記されている、土に埋もれ蔓や棘に覆われた仏塔も、釈迦の生き生きとした霊的力が仏教教団から失われ、教えや教団があったとしても形骸化してしまっているということを、象徴的に表わしていると見ることができる。大乗仏教の人々は、このような形骸化してしまっている仏教教団を、小乗仏教と呼んで批判しているのである)。

 

つづく

 

#寶篋印陀羅尼

 

一切如來心秘密全身舍利寶篋印陀羅尼経 その1

一切如來心祕密全身舍利寶篋印陀羅尼経

 

大廣智大興善寺三藏沙門 不空(ふくう) 詔(みことのり)により訳す

 

(注:『一切如來心秘密全身舍利寶篋印陀羅尼経(いっさいにょらいしんひみつぜんしんしゃりほうきょういんだらにきょう)』は、『一切如來心秘密全身舍利寶篋印陀羅尼(いっさいにょらいしんひみつぜんしんしゃりほうきょういんだらに)』について述べられた経典である。この陀羅尼は、『仏頂尊勝陀羅尼(ぶっちょうそんしょうだらに)』、『千手千眼観世音菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼(せんじゅせんげんかんぜおんぼさつこうだいえんまんむげだいひしんだらに)』と共に、「三陀羅尼」と呼ばれるほど、代表的な陀羅尼である)。

 

このように私は聞いた。
ある時、仏は摩伽陀国(まがだこく)の無垢園(むくえん)の宝光明池(ほうきょうみょうち)の中におられた。大いなる菩薩たち、および大いなる声聞(しょうもん・釈迦の弟子たち)の僧侶たち、そして天竜八部衆(てんりゅうはちぶしゅう・人や天やその他の霊的存在の総称)という無量百千もの衆生に前後を取り囲まれておられた。
その時に大衆の中に一人の大いなる婆羅門(ばらもん・本来の意味は、インドのバラモン教の人を指し、バラモン階級の人のことである。しかし仏典では、単に身分の高い高貴な人という意味でも使われており、この経典では後者の意味と考えられる)がいた。その名を無垢妙光(むくみょうこう)といい、智慧が優れ、知識が豊富であり、人々が会いたいと思われる人であった。常に善い行いに努め、仏の教えに対しては揺るがない信仰心を持ち、その良い心と智慧はとても重く、かつ繊細であり、常にすべての衆生が幸せに過ごすことを願っていた。そして大変豊であって、あらゆる生活物資に満たされていた。
その時、妙光は座より立って仏のところに行き、仏の周りを七周回って、あらゆる香と花を世尊に捧げて、値がつけられないほどの高価で妙なる衣や宝石の飾りや珠の飾りを仏に捧げた。そして頭を仏の両足につけて退き、座って次のように申し上げた。
「ただ願わくは、世尊よ。明日の朝、大衆の方々と共に、私の家に来られて、私の供養をお受けになってください」。
その時、世尊は黙ってこれを許された。妙光も仏が受けてくださったことを知った。
さっそく家に帰って、すぐにその夜、あらゆる食べ物や飲み物をもって膳を設け、家の中をさまざまに厳かに飾った。
翌日になって、多くの従者たちと多くの香や花、および伎楽をもって、如来のところに行き、次のように申し上げた。
「時となりましたので、私の招待をお受けください。まさに今がその時です。どうか願いをお聞きください」。
その時、世尊は無垢妙光婆羅門を労われ、大衆に次のように語られた。
「あなたたちもみな、あの婆羅門の家に行き、彼の供養を受けようではないか」。
こうして世尊はすぐに座を立った。座を立たれて、仏の身体からざまざまな光明が放たれ、あらゆる世界を妙なる色で照らした。すべての人はとても驚いた。この後、如来は道を歩み始められた。
その時、婆羅門は敬い崇める心をもって、従者おより天竜八部衆、また世を護る帝釈天梵天と共に、妙なる香や花をもって道の先を歩み、如来を案内した。
やがて、世尊がそれほど道を進んでいないところに、豊財と名付けられる園があった。そしてその園の中に古く朽ちた塔があった。ほとんど壊れかけていて、草と土に埋もれていて、蔓や棘が絡みついていた。
その時、世尊はその塔のところに行かれると、その朽ちた塔の上から大いなる光明が放たれ、それはまばゆいばかりに輝いた。そして土の中から「良いことだ」という褒め讃える声が聞こえてきた。
「良いことだ。良いことだ。釈迦牟尼如來。今日、行なわれることは、極めてこの上なく良いことである」
また、次のように言った。
「婆羅門であるあなたは、今日、大いなる良い利益(りやく)を得る」。
その時、世尊はその朽ちた塔の右を三周回って、自ら衣を脱いで、その上に掛け、涙を流された。そして涙を流された後、微笑まれた。
まさにその時、あらゆる方角の諸仏が、みな同じくそれを見て涙を流され、共に光明を放ってその塔を照らされた。
その時、そこに集っていた大衆は、みな同じく、この見たことのない光景に驚き怪しんだ。
その時、金剛手菩薩(こんごうしゅぼさつ)もまた涙を流し、その身の炎は燃え盛り、炎はその手に持つ金剛杵(こんごうしょ)の周りを回っていた。
金剛手菩薩は仏のところに進み出て、次のように申し上げた。
「世尊よ。何の因縁があって、この光の相があるのでしょうか。なぜ如来はその目から涙を流されるのですか。この仏の大いなる光の相は目の前にあります。ただ願わくは、如来よ。私と大衆の疑いを解いてください」。

 

つづく

 

#寶篋印陀羅尼

 

 

仏頂尊勝陀羅尼経 その4(完)

その時、世を護る大いなる四天王は、仏の周りを三周回ってから、仏に次のように申し上げた。「世尊よ。ただ願わくは如来よ。私たちに陀羅尼を保つ教えを説いてください。」
その時、仏は四天王に次のように語られた。
「あなたは今、よく聞くがよい。私はあなたたちに、この陀羅尼を保つ教えを説こう。また、特に余命いくばくもない衆生のためにも説こう。
まさにまず、洗浴して新しいきれいな衣を着て、白月(びゃくげつ・月の前半の15日間のこと)の満月の十五日に、身を清らかに保ってこの陀羅尼を唱えるべきである。それを千回繰り返せば、余命いくばくもない衆生の寿命を延ばすことができ、長く病苦を離れ、過去から積んで来た業障(ごっしょう・悪い業のこと)もすべてみな消滅するであろう。すべての地獄のさまざまな苦しみからもまた、解放されるであろう。また、鳥や畜生やその他の生き物に生まれ変わってしまった者たちも、この陀羅尼を一回でもその耳に聞くならば、その生が終われば再びその生を受けることはない」。
続けて仏は次のように語られた。
「大変悪い病気にかかった人が、この陀羅尼を聞くならば、すぐにその病から長く離れることができ、すべての病気もまた消滅し、またまさに悪道に堕ちるところだったとしても、またそれを断つことができ、悟りの世界に往生することができるであろう。その生以降、再び人間の生を受けず、蓮華の中に生まれ変わるであろう。また、過去に生まれ変わった生のことを忘れずに記憶し、常に宿命を知ることができるであろう」。
また仏は次のように語られた。
「ある人がいて、過去の世から大変重い罪業を作り、ついに命が終わって、その悪業によって地獄に堕ち、あるいは畜生、あるいは閻魔王の支配する世界、あるいは餓鬼に堕ち、あるいは地獄の最も深いところに落ち、あるいは水の中の生き物になり、あるいは獣などに生まれ変わったとする。しかし、その死者の骨を取り、一握りの土に対してこの陀羅尼を二十一回唱えて、その土をその死者の骨の上にかぶせれば、その死者はすぐに天に生まれ変わるであろう」。
また仏は次のように語られた。
「ある人がいて、毎日、この陀羅尼を二十一回唱えれば、まさにすべての世界の供養を受けたことと同じとなり、死後、極楽世界に往生するであろう。もし常に陀羅尼を念じていれば、大いなる悟りを得、また寿命を増して勝れた快楽を受け、その身の命が終われば、あらゆる妙なる諸仏の国に往生することができ、常に諸仏と共に一処に会し、すべての如来は常にこの者のために、妙なる教えを説き、すべての世尊はこの者に、仏になる約束を与え、その者の身の光は、すべての仏の世界を照らすであろう」。
また仏は次のように語られた。
「この陀羅尼を唱える方法は、その仏前において、先ず清らかな士を取って壇を作り、その大小に従って四角形にして、さまざまの草花を壇の上に散じ、多くの名香を焚き、右膝を地に着けて跪き、心は常に仏を念じ、慕陀羅尼印(ぼだらにいん)を結びなさい。その印とは、人差し指を折り曲げて親指をつけて合掌し、それを心臓の上に当てる。そしてこの陀羅尼を108回唱えて、その壇に雲のように花を降らせなさい。そうすれば、八十八を十の七乗倍し、さらに大河の砂の数をかけて、さらに千億倍してさらに百千倍した数の諸仏を供養したことになる。そしてその諸仏は、みな声を同じくして、「良いことだ。希有(けう)なことだ。まさにこの者は真実の仏の子だ」と褒めて言うであろう。そして、その者は無障碍智三昧(むしょうげちざんまい・何にも妨げられない瞑想という意味)を得、大菩提心荘厳三昧(だいぼだいしんしょうごんざんまい・最高の悟りを求める心を厳かに飾る瞑想という意味)を得るであろう。この陀羅尼を保つ者は、まさにこのようにするべきである。」
また仏は帝釈天に次のように語られた。
「私はこの方便(ほうべん・巧みな手段という意味)をもって、地獄に堕ちるべきすべての衆生を、そこから解放されるようにし、すべての悪道もまた清らかになるようにする。また、この陀羅尼を保つ者の寿命を増し加える。
帝釈天よ。あなたは帰って、私が説いた陀羅尼を善住天子に授け与えなさい。そして私が説いたようにして七日過ぎたら、あなたは善住天子と共に私に会いに来なさい」。
その時、帝釈天は、世尊からこの陀羅尼の教えを受け、謹んでその天に帰り、それを善住天子に授け与えた。その時、善住天子はこの陀羅尼を受けて、六日間、その教えに従って受け保ち、ついにすべての願いが満たされた。まさにあらゆる悪道の苦しみを受けるべきところ、そこから解放され、悟りを求める道に入り、寿命を測ることができないほど延ばすことができた。そして大いに喜び、声を高くして仏を讃えて次のように言った。
「希有なことです如来よ。希有なことです妙なる教えよ。希有なことです明らかな証よ。非常に得難きことです。私を解放してくださいました」。
その時、帝釈天は七日が過ぎて、善住天子と共に、多くの天衆を率いて、花の飾りや塗香や抹香や宝の旗や飾られた覆いや天の衣や宝の飾りなどを厳かに飾って、仏のところに行き、大いなる供養を行なった。妙なる天の衣および宝の飾りをもって、世尊の周りを百千周回って供養した。そして仏の前に立ち、踊るほどに喜んで座って教えを聞いた。
その時、世尊は金色の臂を伸ばして、善住天子の頭をなでて、彼のために教えを説き、彼が悟りを開いて仏になるという約束を与えた。そして仏は次のように語られた。
「この経を『浄一切悪道仏頂尊勝陀羅尼(じょういっさいあくどうぶっちょうそんしょうだらに)』と名付ける。あなたはまさに受け保つべきである」。
その時、大衆はこの教えを聞いて歓喜し、信じ受け、謹んで行った。

仏頂尊勝陀羅尼経 完

 

仏頂尊勝陀羅尼

 

仏頂尊勝陀羅尼経 その3

仏は帝釈天に次のように語られた。
「私はこの陀羅尼を説いて、あなたに付嘱(ふぞく・師から弟子へと教えを委ねること)する。あなたはまさに、善住天子に授与すべきである。またあなた自身もまさに受け保ち読誦し教え、この陀羅尼について考え、愛し願い、心に思い供養し、この人間世界のすべての衆生のために、広く述べ伝えるべきである。またすべての諸天子のために、この陀羅尼を、仏の印形を通して表わしあなたに付嘱す。
帝釈天よ。あなたはまによく保ち守護して、忘れ失うことのないようにせよ。
帝釈天よ。千劫の昔より今まで悪業重障を積んで来たため、あらゆる生まれ変わりを繰り返し、地獄、餓鬼、畜生、さらに閻魔王に支配される阿修羅の身、夜叉(やしゃ・森林にすむ鬼神)、羅刹(らせつ・悪鬼)、鬼神、布単那(ふだんな・妖怪)、迦咤布単那(かたふだんな・鬼の一種)、阿波娑摩羅(あばさまら・病気の鬼)、蚊、虻、亀、犬、蟒蛇(うわばみ・巨大な蛇)、あらゆる種類の鳥、およびあらゆる猛獣、あらゆるすべての蠢(うごめ)く生き物、さらに蟻の身を受けるべきところ、もし人が少しでもこの陀羅尼を聞くことができたなら、それらの身をそれ以上受けず、生まれ変わって諸仏如来、および仏の一歩手前の段階にある菩薩と同じ世界に生まれることができ、あるいは、身分の高い婆羅門(ばらもん)階級の家に生まれることができ、あるいは、王族階級の家に生まれることができ、あるいは豪族や高貴な家柄に生まれることができるであろう。
帝釈天よ。この人がこのような良いところに生まれることができるのは、みなこの陀羅尼を聞いたからであり、生まれ変わるところはみな清らかなのである。
帝釈天よ。また悟りのための段階として、最も良いところに生まれることができるのは、みなこの陀羅尼を讃美したからである。この陀羅尼の功徳はこのようなものである。
帝釈天よ。この陀羅尼を吉祥(きっしょう)と名付ける。すべての悪道を清めることができるのである。この仏頂尊勝陀羅尼は、非常に高価な宝が美しく傷や汚れがなく、虚空のように清らかで、その光に照らされないところがないようなものである。もしさまざまな衆生がこの陀羅尼を保てば、その者もこの宝石のようである。また、非常に高価な金が美しく柔らかであり、人を喜ばせ、汚れが付かないようなものである。
帝釈天よ。もし衆生がこの陀羅尼を保てば、その者もこの金のようである。この陀羅尼の偉大な清らかさによって、良い世界に生まれることができるであろう。
帝釈天よ。この陀羅尼がある世界で、この陀羅尼が書写流通し、ある人が受け保ち、聞いて供養するならば、このような人が生まれ変わって経る世界における悪道は、みな清らかな世界となる。すべての地獄の苦しみは、みな消滅するであろう」。
仏は帝釈天に次のように語られた。
「ある人がいて、この陀羅尼を書写し、高い旗の上につけ、あるいは高い山に安置し、あるいは楼閣の上に安置し、さらに仏塔の中に安置したとする。帝釈天よ。そこに僧侶や尼僧や男女の在家信者や一般の男女が来て、旗の上にあるその陀羅尼を見たり、あるいは旗に近づいて、その影がその者たちの身に映ったり、あるいは風がその陀羅尼と旗に吹いて、そこで舞い上がった塵が、その者たちの身に落ちたとする。帝釈天よ。そのような者たちの過去の悪業によって、たとえ地獄、畜生、閻魔王に支配される世界、餓鬼、阿修羅の世界に堕ちたとしても、その世界の苦しみは全く受けることなく、また汚されないであろう。帝釈天よ。このような衆生は、すべての諸仏によって仏となる約束が与えられるようになり、みな、最高の悟りへ向かって退くことがなくなるであろう。帝釈天よ。ましてや、さらに多くのあらゆる供養の品々、花の飾り、飾られた旗や幕など、そして衣服や瑠璃(るり)をもって厳かに飾り、町の四つの辻に仏塔を建ててこの陀羅尼を安置し、合掌して敬い供養し、その周りをまわって帰依し礼拝する者はなおさらである。帝釈天よ。このような供養をする人を、悟りを求める偉大な人と名付けるのである。まさにこの人こそ、仏の子であり、教えを保つ人の筆頭である。またこの人が建てた仏塔こそ、如来の全身の舎利(しゃり・仏の骨)が安置された仏塔と等しいのである」。
そしてその夜、閻魔王が仏のところに来た。そしてあらゆる天の衣、妙なる花、塗香をもって厳かに飾った。こうして仏を供養して、仏の周りを七周回って、仏の足に頭をつけて礼拝し、次のように言った。「私は如来の大いなる力である陀羅尼について説かれ、褒めたたえる教えを聞きました。私は常にこの陀羅尼を守護し、この陀羅尼を保つ者を地獄に落とすことはしません。その者が如来の教えを保っているので、お守りいたしましょう」。

(注:ここまでの箇所では、この『仏頂尊勝陀羅尼』を少しでも聞く者は、生まれ変わっても悪い世界には堕ちない、ということが繰り返されてきたが、この箇所の最後の部分では、ついに閻魔大王まで登場し、この陀羅尼を保つ者は地獄に落とさない、と誓っているのである。これ以上、確実な約束はないであろう。)

 

つづく

 

仏頂尊勝陀羅尼

 

仏頂尊勝陀羅尼経 その2

その時、帝釈天は仏に次のように申し上げた。
「世尊よ。ただ願わくは如来よ。衆生のために、寿命を増す教えを説いてください」。
その時、世尊は帝釈天の心の中で、この陀羅尼の教えを聞くことを願っていることを知り、次のように呪を説かれた。

(注:陀羅尼は本来意味のある言葉であるが、唱えることに意義があるのであり、意味を考える必要はないため、ここにひらがなによって発音を記す。原本にも意味は記されていない。なお、この陀羅尼は天台宗真言宗禅宗などにおいて唱えられるが、各宗派によって微妙に発音が異なる。ここでは天台宗の読み方によって記す。句点は訳者の判断により入れた。)

「なもばぎゃばていたれいろきゃ。はらちびししゅたや。ぼだやばぎゃばてい。たにゃたおん。びしゅだやびしゅだやあ。さまさまさまんた。ばばさそはらだぎゃちぎゃかな。そばはばびしゅでい。あびしんじゃとまん。そぎゃたばらばしゃな。あみりたあびせいけい。まかまんだらはだい。あからあから。あゆさんだらに。しゅだやしゅだや。ぎゃぎゃな。びしゅでい。うしゅにしゃびじゃや。びしゅでい。さかさらあらしめい。さんそじてい。さるばたたあぎゃたあ。ばろきゃにしゃたはらみたはりふらに。さるばたたあぎゃた。きりたやじしゅたな。じしゅちたまかぼだれい。ばさらきゃやそうかたな。びしゅでい。さるばばらだ。ばやどらぎゃち。はりびしゅでい。はらちにばりたやあゆくしゅでい。さまやあじしゅちてい。まにまにまかまに。たたたあぼたこうちはりしゅでい。びそほたぼうじしゅでい。じゃやじゃやびじゃやびじゃや。さまらさまらさるばぼだあじしゅちたしゅでい。ばしりばさらげるべい。ばさらんばばとまま。しゃりらん。さるばさたばなん。しゃきゃやあはりびしゅでい。さるばぎゃちはりしゅでい。さるばたたあぎゃた。ししゃめい。さまあしばあさえんと。さるばたたあぎゃたあ。さましばさあ。じしゅちてい。ぼっじゃぼっじゃ。びぼっじゃびぼっじゃ。ぼうだやぼうだや。びぼうだやびぼうだや。さまんたはりしゅでい。さるばたたあぎゃた。きりだやあじしゅたな。じしゅちたまかぼだれい。そわか」。

仏は帝釈天に次のように語られた。
「この呪は『浄除一切悪道仏頂尊勝陀羅尼(じょうじょいっさいあくどうぶっちょうそんしょうだらに)』と名付けられる。すべての罪業の陣を除き、すべての穢れと悪道の苦しみを破る。
帝釈天よ。この陀羅尼は大河の砂の数を八十八倍して、さらに百千を十の七乗倍した数の諸仏が同じく語り、喜んで受け保っているものである。大いなる如来が、その智慧の印形を通してこれを表わすのは、すべての衆生の穢れや悪道の苦しみを破るためである。すべての地獄、畜生、閻魔王の世界の衆生を解き放つためである。突然の災難にあって、海の中で生死をさまよう衆生を救うためである。福が薄く短命であり、救う者がいない衆生や、汚れた悪業を願って積んでいる衆生のために説くのである。またこの陀羅尼は、この人間界において力を発揮するために、地獄などの悪道の衆生や、さまざまに生まれ変わりを繰り返す福の薄い衆生、および善業や悪業などを信ぜず、正しい道を失っている衆生に悟りを得させるのである」。

 

つづく

 

仏頂尊勝陀羅尼

 

仏頂尊勝陀羅尼経 その1

仏頂尊勝陀羅尼経

鬮賓国(けいひんこく)の沙門(しゃもん=僧侶)仏陀波利(ぶっだはり)、詔(みことのり)により訳す


(注:『仏頂尊勝陀羅尼経(ぶっちょうそんしょうだらにきょう)』は、『仏頂尊勝陀羅尼(ぶっちょうそんしょうだらに)』について述べられた経典である。この陀羅尼は、『一切如來心秘密全身舍利寶篋印陀羅尼(いっさいにょらいしんひみつぜんしんしゃりほうきょういんだらに)』、『千手千眼観世音菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼(せんじゅせんげんかんぜおんぼさつこうだいえんまんむげだいひしんだらに)』と共に、「三陀羅尼」と呼ばれるほど、代表的な陀羅尼である)。

 

このように私は聞いた。
ある時、仏は舎衛国(しゃえいこく・釈迦の布教の拠点の一つ)の祇園精舎(ぎおんしょうじゃ・釈迦の教団の代表的な道場)において、大いなる僧侶たち千二百五十人、および多くの大いなる菩薩たち一万二千人と共におられた。
その時、三十三天(さんじゅうさんてん・最も高いところにある帝釈天を主とする天)の善法堂に、善住(ぜんじゅう)という天子がいた。多くの大いなる天子と共に園に行き来し、また大いなる天子と共に尊敬を受けていた。さらに天女に取り囲まれて喜び遊び、あらゆる音楽を聴きながら、楽しく過ごしていた。
ある夜、善住天子はある声が次のように言うのを聞いた。
「善住天子よ。あなたは七日後に命が終わるであろう。命が終わってから、人間の世に動物として七回生まれ変わり、そしてその後、地獄に堕ち、地獄から出て幸いに人間に生まれ変わるが、貧しい身分の両目がない者となって母の胎から出るであろう」。


(注:大乗仏教の輪廻転生においては、人間の世界の上にある天の世界も、あくまでも生まれ変わる輪の中のひとつである。したがって、その徳を使い果たせば、天に生まれ変わったとしても、その後、地獄にも堕ち、人間の世界にまた生まれ変わる可能性がある。このように、この世において、無事、子供たちを独立させ、贅沢はできないまでも、死ぬまでの資金が手元にあり、後は平穏無事な老後を過ごせるとしても、もうその徳は使い果たしている可能性があり、死後はとんでもない苦しみの世界に生まれ変わるかも知れないのである。このため、誰であっても、死ぬまでに、死後の世界のことを解決しなければならないのである)。

善住天子はその声を聴いて、驚き、身の毛がよだち、もう楽しむことなどできなくなった。すぐに帝釈天のところに行ったが、嘆き悲しみと恐怖でどうすることもできなかった。そして帝釈天の両足に頭をつけて拝し、帝釈天に次のように言った。
「どうかお聞きください。私は天女に囲まれて楽しんでいましたが、次のような声を聞きました。『善住天子よ。七日後にあなたは死ぬ。死んで後、人間の世界において、七回動物の身となり、それが終わって地獄に堕ち、地獄から出て幸い人間の身となるが、貧しい家に生まれて両目がないであろう』。帝釈天様。私はどうやってこの苦しみから免れることができるでしょうか」。
その時、帝釈天は善住天子の言葉を聞き、非常に驚き、次のように思った。
「この善住天子はどうして七回も悪しき世界に生まれ変わらねばならないのであろうか」。
そして、帝釈天はすぐに静かに禅定(ぜんじょう・瞑想のこと)に入り、明らかにこのことについて観察したところ、やはり間違いなく善住天子は七回悪しき身とならねばならないことを知った。それらは豚、犬、野狐、猿、大蛇、烏、鷲であって、いろいろな汚い物を食べていた。そして帝釈天は、善住天子がこのように七回悪しき身に堕ちることを見て悩み、どうにかして彼を助けたいと思ったが、どうすることもできなかった。
「これは誰かに頼らねばならない。まさに、如来のみが彼の苦しみから救ってくださるであろう」。
さっそく帝釈天は朝のうちに、さまざまな花や塗香や抹香をもって、さらには荘厳な妙なる天の衣をもって、祇園精舎の世尊(せそん・仏のこと)のところに行った。そして、仏の足に頭をつけて拝し、右回りに七周した。さらに仏の前で盛大に供養をして、仏に跪いて次のように申し上げた。
「世尊よ。善住天子はなぜ七回も動物のような悪しき身を受けなければならないのでしょうか」。
そしてそのことを詳しく説明した。
その時、如来はその頭の上からあらゆる光を放ち、あらゆるすべての世界を照らし尽くした。そしてその光は戻って来て仏の周りを三度回り、仏の口から入った。
仏は微笑んで帝釈天に言った。
帝釈天よ。『如来仏頂尊勝(にょらいぶっしょうそんしょう)』という陀羅尼がある。これはすべての悪しき働きを清め、すべての生まれ変わりの苦悩を清め除き、またすべての地獄、餓鬼、畜生の苦しみを清め除き、またすべての地獄を破り、良い世界に生まれ変わらせる。
帝釈天よ。この仏頂尊勝陀羅尼を人が一回でも聞くならば、過去の世で作ったすべての地獄に堕ちる原因となる悪業はみなすべて消滅し、まさに清らかな身を得ることができる。さらに、生まれ変わった先の世界でも忘れることはないであろう。仏の世界から仏の世界に至り、また天から天へ至り、三十三天を遍歴して、生まれ変わった先々で忘れることがないであろう。
帝釈天よ。もし人の命がまさに終わろうとする時、わずかであってもこの陀羅尼を思うならば、その寿命を延ばすことができるであろう。また体も言葉も心も清らかになり、その体に苦痛がなく、その祝福によって、生まれ変わった先々で安穏に過ごすことができるであろう。すべての如来に見守られ、すべての天や善神たちが護衛し、人から敬われる者となるであろう。悪しき障害は消滅して、すべての菩薩たちは心を同じくして共にいるであろう。
帝釈天よ。人がもしこの陀羅尼を少しでも読誦するならば、すべての地獄、畜生、閻魔王の世界、餓鬼などの苦しみは破壊され消滅して、跡形もなくなるであろう。あらゆる仏の世界、および天の宮殿、さらにすべての菩薩の住むところの門から自由に出入りできるであろう」。

 

つづく

 

仏頂尊勝陀羅尼