大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 176

『法華玄義』現代語訳 176

 

B.4.2.門に入る観法を示す

門に入る観法について述べるにあたって、二つの項目を立てる。まず概略的に門が通じる場所を示し、次に概略的に門に入る観法を示す。

 

B.4.2.a.概略的に門が通じる場所を示す

通じるところの教えの門は、「四教」にそれぞれ「四門」があって、合計十六あるとしても、通じる対象である理法はただ「偏真(偏った真理)」と「円真(円満な真理)」の二つのみである。前の「八門」はみな「偏真」に入り、後の「八門」はみな「円真」に入る。それはどうしてであろうか。「偏真」といっても理法はひとつであって、その門が八つあるとしなければならないのではないか。「三蔵教」の「四門」は、迂回しており曲がりくねっているので、「拙度(せつど)」とする。「通教」の「四門」は、大乗の教えであって、広く真っすぐな「巧度(ぎょうど)」である。このように、門に「拙」と「巧」の異なりがあるので、通じる門を「八門」としても、真理は二つあるものではないので、門が通じる場所は一つしかない。たとえば、州都の城の四面に門があるようなものである。四面の「偏門」は「三蔵教」を喩え、四面の「直門」は「通教」を喩える。「偏」と「直」は異なっているので、通じる門は八つあっても、主君からの勅使は一つなので、門が通じる場所は二つあるわけではない。

「別教」の「四門」は「偏真」であり、円融していない。「円教」の「四門」は「円真」であり、円融している。「偏」と「円」は異なっているので、通じる門を「八門」として、「円真」は二つあるものではないので、門が通じる場所は一つしかない。たとえば、皇帝の住む城の四面に門があるようなものである。四面の「偏門」は「別教」を喩え、四面の「直門」は「円教」を喩える。「偏」と「直」は異なっているので、通じる門は八つあっても、皇帝は一人なので、門が通じる場所は一つである。

問う:小乗は一種類の「四門」であり、大乗はどうして三種類の「四門」なのか。

答える:小乗は浅く深遠ではないので、一つの生の間だけの煩悩を断じるのである。たとえば、小さな家のようなものである。大乗は深遠なので、通じる対象は長い間のこととなる。たとえば、大きな家には多くの家族や人がいるようなものである。「通教」「別教」「円教」の「四門」も多すぎるということではない。

問う:大乗の門によって、なぜ声聞と縁覚と菩薩が真理を見ることができるのだろうか。

答える:この門は、中心は大乗に通じ、補助的に小乗に通じる。たとえば、王国に「通門」と「別門」があるようなものである。「別門」は朝廷の使節を通し、「通門」は朝の市場のために通す。庶民が通るからといって、「民門」とすることはできない。大乗の「通門」もまた同じである。真っすぐに「実相」に通じ、補助的に「真諦」に通じる。このために、「三乗」の人の「灰身滅智」は、この門が兼ねる。兼ねて「偏真」に通じるために、小乗の門とすることはできない。

 

B.4.2.b.概略的に門に入る観法を示す

(注:これ以降、「蔵教」「通教」「別教」「円教」の「四教」それぞれの「観法」について述べられる。これは天台教学においても修行項目として重要なことなので、以前に説かれたことを再編成しながら、非常に長い紙面を費やして説かれている。特に「蔵教」と「円教」の記述は長い)。

 

B.4.2.b.①.蔵教について

まず「三蔵教」の「有門」の「観法」を明らかにする。この「有門」の中に、「信行」と「法行」が備わっている。「信行」は教えを聞いて即座に悟れば、この心は能力が高いことになる。真理を得る方法は、人に示すことは困難である。

しばらく「法行」の「観法」の門について述べるにあたって、十種の意義を立てる。第一に「観境」、第二に「真正発菩提心」、第三に「善巧安心止観」、第四に「破法遍」、第五に「識通塞」、第六に「道品調適」、第七に「対治助聞」、第八に「識次位」、第九に「能安忍」、第十に「無法愛」である。『阿毘曇論』の中に、この十種について述べられているが、その文はまとまっていない。論師は道を行じることは知っていても、何によって修すべきかを知らない。岐路に迷って、従うところがわからないようなものである。ここで、その意義の要点を取って、最初から最後まで通じて明らかにすれば、「有門」に入る道の「観法」を知ることができる。

第一.観境

第一は、「観法」の対象となる「境」を明らかにする。すなわちこれは、「正因縁」である「十二因縁」に説かれるように、「無明」の「因縁」によって、すべての実在が生じることを知ることである。ある教えでは、世間の苦楽の在り方は、ヴィシュヌ神から生じるといい、またある教えでは「世性」というものから生じ、また「微塵」より生じるなどというが、これらはすべて「邪因縁」の生である。もし自然法爾であり、誰かが作ったということでもない、といえば、これは「無因縁」の生である。「無因縁」の生は、「因」を破るだけで「果」を破ることはできない。「邪因縁」は、正しい「因縁」そのものを破る。これらは「正因縁」の「境」ではないので観じるべきではない。『阿毘曇論』は「極微(ごくみ・存在の最も小さい単位とされるもの)」を述べ、『成実論』は「極微」を破る。これは「無因縁」と「邪因縁」が混じり合ったものであり、「正因縁」の「境」とは言えない。

なぜならば、「極微」の有無は、未だに「有」と「無」の両極の見解を免れていないので、なお「無明」の顛倒である。「無明」の顛倒であるために、すでに「集諦」であり、「集諦」であるために、「麁」や「細」などの認識の対象を生じる。「無明」の顛倒はすでに不実であるので、感じるところの「苦諦」の「果報」はどうして「有」や「無」であると定めることができようか。このために『大智度論』に「認識の対象が麁あるいは細など、すべてこれを観じれば、無常であり無我である。無我であるので主体はない。麁、細、因、縁、苦、集、依、正など、みな無常であり主体はなく、すべて無明の顛倒が作るところである」とある。『阿毘曇論』の教えが詳しく説く通りである。これを「正因縁」の観じる対象の「境」を知ると名付ける。外道の「邪因縁」や「無因縁」とは同じではないのである。

第二.真正発菩提心

すでに「無明」の顛倒が流転し、「十二因縁」における「行」「識」そして最後の「老死」までの展開は、松明の火を回す時に見える輪のようなものであることを知る。このような「業」の結果から脱したいと願い、正しく「涅槃」を求める。声聞と縁覚の「二乗」の心を発して、「見」「愛」を出離し、名利を求めず、ただあらゆる「有」を破り、「苦諦」「集諦」を増長させない。ただ「無余涅槃」を求めるのみである。その心は清浄であり、雑ではなく誤りもない。この心を「真正発菩提心」と名付ける。外道や天魔と同じではない。

第三.善巧安心止観

修行者は、すでに「有」を出ることを誓い求め、戒律によって道を修す。しかし罪の障りは盛んであり、心は安らかではない。道にあってどのように克服すればよいであろうか。このために「四念処」を修すために、「五停心(ごていしん・禅定に入る前の心を落ち着かせる段階の観法。「不浄観」「慈悲観」「数息観」「因縁観」「念仏観」の五つ)」を学び、「貪欲」「瞋恚」「散乱心」「愚痴」「煩悩」の五種の障りを破る。「五停心」の事象に対する観法は、すなわち「禅定」である。「禅定」は「四念処」を生じるので、すなわち「智慧」である。「智慧」と「禅定」が等しく留まるために、「安心」と名付ける。

また、「禅定」と「智慧」とがほどよく整うので、「停心」と名付ける。「禅定」と「智慧」がなく、また「禅定」だけ、あるいは「智慧」だけ、または整っていない「禅定」と「智慧」では、賢人とは名づけられない。世間の賢人が智と徳を備えている場合、智は成熟していないところがなく、徳は美しい行ないに欠けたところがない。許由(きょゆう)や巣父(そふ)は賢人とすべきである。もし智ばかりが多く徳が少なければ狂人であり、徳が多く智が少なければ痴人である。狂人と痴人は賢人ではない。賢人は賢能によって名付けられ、賢善によって名付けられる。善であるために徳があり、能力があるために智がある。智と徳が備わっているために賢人である。修行者も同じである。「四念処」の「智慧」を修し、「五停心」の「禅定」を学んで、「禅定」と「智慧」が備わるのである。

「数息観」はどのように「禅定」と「智慧」が備わり、あらゆる心の拡散を制御するのであろうか。一から十に至って、息とその数を知り、それらが「無常生滅」して、念念に留まることはない。また、「不浄観」を修するなら、まさに深く汚れの悪を厭うべきである。観じる主体と観じる対象は「無常生滅」して、早々に滅んで虚妄であり、あらゆる衆生をだます。観法を嫌い瞋恚を起こすならば、そのような場合には「慈悲観」を修すべきである。他の者が「楽」を得ることを見れば、「禅定」も「楽」の相も「無常生滅」することを知る。「因縁観」の時は、「胎生」「卵生」「湿生」「化生」の「四生」はすべて「因縁」によって生じた在り方であると観じ、「三界」もまた「因縁」によって生じた在り方であると観じる。「因縁」により生じるものは、すべて「無常」「無我」である。あらゆる障りが起こるならば、まさに「念仏観」を修すべきことは、また上に説いたことと同じである。

これを「五停心」を備えて「禅定」と「智慧」を修すことと名付ける。「禅定」があるために狂人ではなく、「智慧」があるために愚かではない。これによって「安心」することをあらゆる修行の基礎とする。「煗法」と「頂法」を発して、「苦」「忍」の真実の「智慧」に入り、聖人の前段階を賢人とする。この意義はここにある。外道は乳から酪を得ることを知らないどころか、酢の生成も知らない。ましてや酪や蘇などについてはなおさらである。