大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 160

『法華玄義』現代語訳 160

 

A.4.2.c.④正しく解釈する

もし『大集経』によるならば、修行の法の「因果」を蓮華とし、菩薩が蓮華の上に坐ることは、「因」の花、仏の蓮華を礼拝することは、「果」の花である。もし『法華論』によるならば、その住む所の国土を蓮華とする。また菩薩が蓮華の行を修することにより、その報いによって蓮華の国土を得る。まさに知るべきである。国土とそこに住む者の「因果」はすべて蓮華の法である。どうして譬喩が必要であろうか。能力の低い者に、「法性」の蓮華を理解させるために、この世の花を用いて喩えとすることにおいても、妨げはない。

しかし、『法華経』の中の二か所に「優曇鉢華(うどんはつげ・三千年に一度だけ咲く花)が一度だけ現われるのみ」とある。この花はもし生じれば、転輪聖王が世に出る。この『法華経』を説くならば、仏は「授記」を授ける。法の王は世間の王である。この霊瑞の花は、蓮華に似ているために、喩えとしている。この意義に従えば、これは喩えをもって「妙法」を表わしている。

譬喩には、部分的な譬喩と全体的な譬喩がある。『涅槃経』の通りである。ただ部分的な譬喩は、まるで月をもって顔を喩えても、眉毛や目は表現できないようなものである。雪山をもって象を喩えても、その尾や牙は表現できないようなものである。この「法華三昧」は、喩えとするものがないが、ただこの蓮華を喩えとするだけである。

花には多種ある。すでに前に説いた通りである。ただこの蓮華だけが、花と実が共に多い。「因」に万の修行があり、「果」に万の完全な徳があることに喩えられる。このために喩えとする。

また他の花は「麁」であり、「九法界」の「十如是」の「因果」を喩える。この花は「妙」であり、「仏法界」の「十如」の「因果」を喩える。

〇二門六譬

(注:これ以降の長い記述には、特に段落が設けられていない。しかし内容はいくつかの段落に分けられる。そのため、原文にはないが適宜に段落と見出しをつけながら進めて行く)

またこの蓮華の花をもって「仏法界」の「迹門」と「本門」(注:二門)を喩えれば、それぞれに三つの譬喩(注:合計六つの譬喩)がある。

「迹門」の三つの譬喩とは、次の通りである。

一つめは、花があれば必ず実がある。実のための花であるので、実は外からは見えない。これは、「実(じつ)」について「権」を明らかにすることであり、その意義は「実」にある。「権」は見えて、「実」を知る者がいないことに喩える。『法華経』に「私の意は測ることが難しく、問いを発する者もいない」とある。また「適宜に説く内容の意趣は理解することが難しい」とある。

二つめは、花が開くと実が現われる。しかも、花を用いて実を養う。「権」の中に「実」があっても、知ることができないことを喩える。今、「開権顕実」するに際して、その意義において「権」が用いられる。広く大河の砂の数ほどの仏法を知ることは、ただ「実」を成就させ、深く仏の「知見」を知らせるためのみである。

三つめは、花が落ちて実が成ることは、すなわち「三乗」を排除して「一乗」を顕わすことを喩える。「ただ一仏乗をもって直ちに道場に至る」とある。菩薩は修行があるので、見ることは明瞭ではない。しかし諸仏は修行はないので、見ることは明瞭である。たとえば、花が落ちて実がなるようなものである。

以上の三つは、「迹門」の最初の「方便」から導いて「大乗」に入り、最終的に円満することを喩えている。

また、三つの譬喩をもって「本門」を喩えるのは次の通りである。

一つめは、花に必ず実があるのは、「迹」に必ず「本」があり、「迹」に「本」が含まれることを喩える。その意義は「本」にあるといっても、仏の趣旨は知ることが難しい。弥勒菩薩も知ることができない。

二つめは、花が開いて実が現われるのは、「開迹顕本」を喩える。その意義は「迹」にある。よく菩薩に仏の「方便」を知らせる。すでに「迹」を知り終われば、かえって「本」を知り、生死を減らして仏道を進める。

三つめは、花が落ちて実が成るのは、「廃迹顕本」を喩える。すでに「本」を知り終えれば、また「迹」に迷うことはない。ただ「法身」において道を修し、さらに上の「位」を円満するのである。

この三つの譬喩は、「本門」の始めの「初開」より終りの「本地」に至ることを喩える。

この「二門六譬」は、それぞれさらに当てはまるものがある。

始めの「迹門」の一つめの譬喩は、「仏界」の「十如」より「九界」の「十如」を出すことについてである。次の「迹門」の二つめの譬喩は、「九界」の「十如」を開いて、「仏界」の「十如」を顕わす。「迹門」の三つめの譬喩は、「九界」の「十如」を排除して、「仏界」の「十如」を成就する。この三つの譬喩は「迹門」の最初から最後までを収め尽くす。もしこの意義を知れば、「十二因縁」「四諦」「三諦」など、「智妙」「行妙」「位妙」から始まって「功徳利益妙」までも、またこの譬喩を用いて喩えることができる。

「本門」の一つめの譬喩は、「本門」の「仏界」の「十如」から、「迹門」の中の「仏界」の「十如」を出すことについてである。「本門」の二つめの譬喩は、「迹門」の中の「仏界」の「十如」を開いて、「本門」の中の「仏界」の「十如」を顕わし出すことである。「本門」の三つめの譬喩は、「迹門」の中の「仏界」の「十如」を排除して、「本門」の中の「仏界」の「十如」を成就することである。最初から最後まで円満して、「開合」が具足する。以上が部分的に蓮華を用いて喩えとすることである。

次に、総合的な譬喩とは、次の通りである。『大智度論』に「獅子吼(ししく・仏の説法が獅子が吠えるように力強いこと)」の意義を理解するにあたって、深山の谷に住む純粋な血統から成長し、身力、手足、爪牙、頭尾、吠える声などの喩えをもって、「獅子吼」の法門を喩える。また『涅槃経』に「波利質多樹(はりしったじゅ・赤い花をつける樹木)」の黄色い葉と、尖った箇所と、斑点、果実などによって、広く修行者を喩えているようなものである。蓮華も同様である。最初の種子から実が成るまで、「妙法」を喩える。たとえば、堅くなった蓮の実の黒い皮の中に白い肉がある。「色」「香」「味」「触」によって知られ、開花する時になって、細かな部位がある。花を開きしべを敷き、蓮の実の房ができるが、最初と最後は異なることはない。蓮華の最初と最後は、「十如是」が具足していることを表わす。「仏界」の衆生は始めの「無明」から終わりの「仏果」に至るまで、「十如是」の法に欠けたところがないことを喩える。以上、総合的に喩えることを終わる。