大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

仏説摩訶迦羅大黒天神大福徳自在円満菩薩陀羅尼経 現代語訳

仏説摩訶迦羅大黒天神大福徳自在円満菩薩陀羅尼経(ぶっせつまかきゃらだいこくてんじんだいふくとくじざいえんまんぼさつだらにきょう)

 

その時、如来は大衆に次のように語られた。

「今、この大会(だいえ)の中に大菩薩がいる。名は大福徳自在円満菩薩という。この菩薩は、昔、最高の悟りを成就して、大摩尼珠王如来(だいまにしゅおうにょらい)となった。今、自在の業力(ごうりき・良い業を積んだために得た力のこと)をもって娑婆世界(しゃばせかい・この世のこと)に来て、大黒天神(だいこくてんじん)の姿となられた」。

その時、この大菩薩は大会の中で座を立って、合掌して仏に次のように申し上げた。

「私はすべての貧しく窮している福のない衆生に大福徳を与えるために、今、在家信者のような姿となっています(注:つまり仏とか菩薩などのような姿ではなく、普通の人と同じような姿、という意味)。さらに私の従者として、七母女天(しちもにょてん・疫病神が仏の教えによって善神となった七人の天女)をこの世に自在に遣わし、すべての衆生に福徳を与えようと思います。ただ願わくは世尊よ。私のために、大福徳円満の陀羅尼を説いて下さい」。

その時、世尊は明るく微笑まれ、次の呪文を説かれた。

「なまさまんだぼだなん おんまかきゃらやそわか」

そして世尊は次のように大衆に語られた。

「この天神の呪文は、無量の諸仏が過去の世に出たといっても、どの仏も説かれなかったものである。もし未来の悪い世の中に多くの貧しく窮している人がいて、この陀羅尼の名前だけでも聞くならば、まさに知るべきである。その人は大摩尼宝珠(だいまにほうじゅ)を与えられ、そこから無量の珍宝を出すであろう」。

その時、大黒天神は仏に次のように申し上げた。

「もし末法(まっぽう・仏教の終末論で最後の悪い世)の中の衆生において、この呪文を保ち、私の体を五尺あるいは三尺あるいは五寸のその像として刻んで寺院に安置し、また家の中で敬って礼拝するならば、私は七母女天の従者である八万四千人の福徳神をあらゆる方角に遣わし、毎日千人の人々を養います。もしこのような私の言葉が嘘となるならば、永久に地獄や餓鬼や畜生の世界に落ちて、二度と仏に戻ることはしません。もし、私をあらゆる珍果美酒をもって供養するならば、まさに甘い水を降らせましょう」。

その時、すべての大衆はみな大いに喜び、この言葉を信じ受け、謹んで行なうことを約束して礼拝して帰って行った。