大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 205

『法華玄義』現代語訳 205

 

E.5.3.「五味半満相成」

もしただ「五味の教え」だけを論じるだけならば、なお「南師」の「方便」を得た説と同じである。もしただ「半字」「満字」だけならば、なお「北師」の「実」を得た説と同じである。ここで、「五味の教え」は「半満」を離れず、「半満」は「五味の教え」を離れないと明らかにする。「五味の教え」に「半満」があれば、すなわち「智慧」がある「方便」の解釈となる。「半満」に「五味の教え」があれば、「方便」がある「智慧」の解釈となる。「権」と「実」が共に遊戯することは、鳥の二つの翼のようである。また共に遊戯するといっても、収穫と蔵に収めることとがそろう。

華厳経』は、「頓教」であり「満字」であり、大乗の家業であり、ただ「一実」を明らかにするのみであり、「方便」を用いていない。ただ「満字」だけであり「半字」ではない。「漸教」においては乳を出す。客人のような「三蔵教」は、ただ「方便」であるだけであり、「半字」だけで「満字」ではない。「漸教」においては酪を出す。「方等教」の小乗を非難する教えは、すなわち「半字」と「満字」が相対して、「満字」をもって「半字」を退ける。「漸教」においては生蘇を出す。『大品般若経』の教えを理解することは、「半字」を帯びて「満字」を論じる。「半字」はすなわち共通して「三乗」のために説き、「満字」はすなわち菩薩だけのために説く。「漸教」においては熟蘇を出す。『法華経』の財産を委ねる教えは、「半字」を廃して「満字」を明らかにする。もし「半字」の「方便」をもって、能力の低い者を調熟させることがなければ、すなわちまた「満字」の「仏知見」を開くことがない。「漸教」においては醍醐を出す。

如来が丁寧に「方便」を称賛することは、「半字」に「満字」を成就する功徳があるからである。意義はここにある。四大声聞が理解した告白に、無上の宝聚が求めていないのに自ら得られて、「実相」の「智慧」の中に安住できたとあるのは、みな「半字」と「満字」が互いに成就するからである。意義はここにある。

 

E.5.4.「合不合」を明らかにする

「半満五味」はすでに共通してあらゆる経典にあるが、その内容は同じではない。そのため、ここでその「開合」について述べる(注:ここでは「開」と「合」を別々の概念として述べられているところがあるので、その場合、「開」は「開く」とし、「合」は「統合」と表現する)。

華厳経』は、正しく小乗を隔てて大乗を明らかにする。その最初の部分においてはずっと声聞がいない。後の部分にはいる。また、聴衆の座にいるとはいっても、耳の聞こえず口がきけない人のようであり、教えを聞いているとはいえない。その時は、なおまだ「半字」はないのである。どうして「開合」を論じられようか。

次に、「三乗」を開いて小乗の能力の者を導き、「見思惑」を断じさせる。すなわち小乗をもって大乗を隔てる。すでに「満字」はないので、どうして統合すべきところがあろうか。このために『無量義経』に「三乗の三法、声聞の四果、漸教と頓教はそれぞれ別々である」とある。「別々である」とは統合されていないことである。

「方等教」は、あるものは「半字」と「満字」を並べて明らかにし、あるものは「満字」をもって「半字」を非難し、「半字」を受けて「満字」として聞く。小乗を恥じることを知るといっても、なお大乗に入ることはない。このために「草庵に住む」という。劣った心はなお改めることができないので、「半字」と「満字」は統合しない。

般若経』は、「満字」をもって「半字」を淘汰し、家業を継がせるようなものである。「半字」の「方便」は共通して「無生法忍」に入り、「半字」の法門はみな大乗であると明らかにする。これは教えを統合することである。しかし、一回の食事の分でさえ自分のものと思わないという喩えは、その人を統合していないことである。このために「半字」と「満字」は「開合」しない。

もし『法華経』に至るならば、「方便」として仮に作られた町を、真実ではないという。「あなたたちの修行するところは、菩薩の道である」という。すなわちこれは法を統合することである。「あなたたちは私の子である」という。すなわちこれは人を統合する。人と法と共に「開合」するのである。

鹿野苑に「権」の「方便」を開いてから、あらゆる経典を経て『法華経』に至って、初めて「権」は「実」に統合することができるのである。このために『無量義経』に「四十年あまり、まだ真実を顕わさない」とある。もし『法華経』においてまた「開合」しないならば、『涅槃経』において「開合」することができる。『法性論』に中と下の二種の能力の者が法界に入ることを明らかにしているのは、すなわち菩薩を統合することである。

もし声聞の統合について述べるならば、二つあり、一つは「秘密の統合」であり、二つは「顕露の統合」である。

「秘密の統合」とは次の通りである。仏は最初、提謂のために五戒の法を説く。その時、すでに密かに「無生法忍」を悟る者がいる。ましてや「修多羅」「方等教」『般若経』において、密かに悟らない者がいないことがあろうか。このことについては、詳しく述べない。

次に「顕露の統合」とは次の通りである。「見道」以前の「位」の声聞は、ところどころ統合することができる。たとえば、『般若経』において、三百人の比丘が「授記」を得るようなものである。もし「四果」の「位」の声聞ならば、『法華経』に至って深く信じて統合する。もし統合しなければ、増上慢である。まだ「見道」の「位」に入らない五千人の者は、『法華経』の聴衆として選ばれずに立ち去ったが、『涅槃経』の中において、また統合することができる。

総合して、あらゆる教えについて共通して「四句」を述べれば、『華厳経』と「三蔵教」は、統合でもなければ統合でないこともない。「方等教」『般若経』は、まったく統合しない。『法華経』は、すべて統合する。『涅槃経』は、統合し、また統合しない。なぜなら、『涅槃経』は末代のために、さらにあらゆる「権」を開いて、後の代の能力の劣った者たちを導く。このためにまた統合しないという。

問う:菩薩が『法華経』によって法界に入ることは、『華厳経』と同じである。しかし、『華厳経』によって「一乗」に入って、『法華経』と統合することがないのはなぜか。

答える:『華厳経』によって法界に入ることは、すなわち「一乗」に入ることである。