大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 206

『法華玄義』現代語訳 206

 

E.5.5.「通別料簡」

「料簡」にあたって、三つの項目を立てる。一つめはa.「通別について」であり、二つめはb.「益・不益」であり、三つめはc.「諸教について」である。

 

E.5.5.a.通別について

「五味の教え」と「半字」「満字」については、その教えが説かれた次第を個別に論じるならば、それぞれの時に限定される。一方、共通することを論じるならば、最初から最後までに共通する。『華厳経』の「頓教」と「乳味」については、個別的にはただ最初ということであり、共通的には最後まで通じる。このため『無量義経』に「次に般若の歴劫修行、華厳海空を説く」とある。『法華経』において仏の「智慧」に「開会」して入る。これはすなわち共通的に『法華経』と『般若経』の二経に至ることである。

また『像法決疑経』に次のようにある。「今日、聴衆の無数の人々は、それぞれ見ることは同じではない。あるいは如来が涅槃に入ることも見て、あるいは如来がこの世に一劫、あるいは一劫に足らないほど、あるいは無量劫の間住んでいると見る。あるいは如来の一丈六尺の身体を見て、あるいは小さな身体と見て、あるいは大きな身体と見る。あるいは報身が蓮華蔵世界海において、千百億の釈迦牟尼仏のために、心地の法門を説くことを見る。あるいは法身が虚空に同化して別ではなく、無相無礙であり法界に遍く同じているのを見る。あるいはこの場所は山林土地土砂であるあと見て、あるいは七宝を見て、あるいはこの場所は三世の諸仏の行じる所と見て、あるいはこの場所は不可思議諸仏の境界であり真実の法であると見る」。太陽は最初昇ってまず高山を照らす。その太陽が沈む時にも、また高い峰々に残りの光がある。このために、蓮華蔵海は、通して『涅槃経』の後にまで至る。どうして前の経にも通じないことがあろうか。

「修多羅」の「半字」「酪味」の教えは、個別的に述べれば、「第二時」である。共通して述べれば、また後にまで至る。なぜなら、迦留陀夷は『法華経』の中において、仏の面前で「授記」を得たが、後に町において殺され、それが、戒律が設定される機縁となった。また舎利弗は『法華経』における聞き手である。後に入滅する。均提は三衣を持って来る。仏は質問する。どうして「三蔵教」が後にまで至らないことがあろうか。『大智度論』に「最初の鹿野苑より涅槃の夜に至るまで、説いたところの戒律と禅定と智慧をまとめて修妬路経(しゅとろきょう)などの蔵とした」とある。まさに知るべきである。「三蔵教」は通じて後に至る。

「方等教」の「半字」と「満字」が相対する教えは、「生蘇味」の教えである。個別的に述べれば、「第三時」であり、共通して述べればまた後にまで至る。なぜなら、『大方等陀羅尼経』に「まず王舎城においてあらゆる声聞に授記を授け、今また舎衛国の祇陀林の中において、また声聞に授記を授ける。昔、鹿野苑において、声聞に授記を授ける」とある。また舎利弗は「世尊には虚偽はなく、語るところは真実である。このためによく第二、第三に私たちに授記を授けられる」とある。このために「方等教」は『法華経』の後まで至る。

般若経』は、「半字」を帯びて「満字」を論じる。これは「熟蘇味」の教えである。個別的に述べれば「第四時」であり、共通して述べればまた最初から最後まで至る。なぜなら、「悟りを得た夜から涅槃の夜に至るまで、常に般若を説く」とある。また『大智度論』に「須菩提は、菩薩の成仏が確定しているか確定していないかを問う」とある。まさに知るべきである。『般若経』もまた後に至る。

『涅槃経』の「醍醐味」「満字」の教えは、個別的に述べれば「第五時」であり、共通して述べれば、また最初まで至る(注:『涅槃経』は最後に説かれた経典とされるため)。なぜなら、『大智度論』に「最初の発心より、常に涅槃を観じて道を行じる」とある。前のあらゆる教えは、どうして発心の菩薩が涅槃を観じることでないことがあろうか。『涅槃経』に「私は道場の菩提樹の下に坐って、最初悟りを開いた。その時、無量阿僧祇恒沙の世界のあらゆる菩薩もまた私に非常に深い意義を質問した。しかし、その質問するところの語句と意義、功徳もまたみな今のこの時と全く同じであり、異なりはない。このように質問する者は、すなわち無量の衆生に利益を与えるのである」とある。これはすなわち、前に通じる。

もし『法華経』を顕露の立場で述べれば、前にあることはない。秘密の立場で述べれば、その理法に妨げはない。このために舎利弗は「私は昔、仏に従ってこの法を聞き、あらゆる菩薩に授記を授けて仏になることを見た」とある。これがどうして昔に通じる「授記」を証する文でないことがあろうか。

問う:『涅槃経』には過去にさかのぼって「四教」を説く。「方等教」には正しく「四教」を開いて、「別教」にもまた「生無生」「修無量」「修無作」「証無作」の四種がある。これをどのように区別したらよいのか。

答える:『涅槃経』は「四教」それぞれに共通して「仏性」に入り、「別教」は次第に後に「仏性」を見て、「方等教」は証を保ち、「蔵教」と「通教」は「仏性」を見ない。

 

E.5.5.b.益・不益

もし『華厳経』を「乳味」とし、「三蔵教」を「酪味」とすれば、これはすなわち「方便」の味が濃く、大乗の味は薄い。これを解釈するにあたって、三つある。

第一は、「利益」があるところを取って述べる。貴重な薬だからといって、必ず病が治るわけではない。一般的な薬でも病に適合する時もあり、貴重な薬でも病に適合しない時もあるため、いたずらに薬を服することも「利益」がないようなものである。

最初、『華厳経』を説いたが、初心の者に対しては深い「利益」はなかった。「漸教」の能力の人に対してもまだ「利益」はなかった。「蔵教」と「通教」の能力の者に対しては乳のようである。「漸教」の能力の者は、「三蔵教」を受けて、よく「見思惑」を断じ、「三毒」が次第に尽きて、凡夫から聖者となる。それは乳が酪になったようなものである。用いて「利益」があるからといって、劣ったものを優れていると言い、用いて「利益」がないからといって、貴重なものを劣っていると言うべきではない。『華厳経』もまた同じである。小乗においては乳のようであり、大乗においては醍醐のようである。これはあくまでも部分的な譬喩であり、全体に及ぶものではない。

第二は、良医に一つの秘方があって、十二の薬(十二部経を喩える)を備えているようなものである。三種(十二部経の最初の三種)は最も貴重であり、よく病の相と性質を見抜き、最初まで病状に背いて誤って処方することはない。仏もまた同じである。円満な方法で絶妙に治療することは、「十二部経」を備えることである。「十二部経」の最初の「無問自説」「方広」「授記」は、最も深い教えである。菩薩は「智慧」が優れているので、具足してすべて服する。「二乗」は病が重いので、他の「九部経」をもって薬とする。もしこれで効果がなければ、病において「利益」がない。効果がない場合においては乳とし、効果がある場合においては酪とする。これは説教の順序を取って喩えとしており、「五味」の教えの濃薄浅深を用いていない。

第三は、修行者の心について述べる。『華厳経』を説く時、凡夫の「見思惑」はそのままであるので、乳のようだという。「三蔵教」を説く時、「見思惑」を断じるために、酪のようだという。「方等教」に至る時、小乗の思いがくじかれ恥じ入り、真実の極みと言わないために、生蘇のようである。『般若経』に至る時、教えを理解し法を知るので、熟蘇のようである。『法華経』に至る時、「無明」を破り、仏の知見を開き、「授記」を受け仏となり、心がすでに清浄となるために、醍醐のようだという。修行者の心が生(なま)ならば、教えもまだ説かれない。修行者の心が熟せば、教えもまた従って熟す。

問う:一人の人が「五味」の教えを受けるのか、五人が受けるのか。

答える:自ら一人が一つの味の教えを受けることがある。『華厳経』の中の純一の能力の者は、すなわち「醍醐味」の教えとして受け、「五味」を経ない。『涅槃経』に「雪山に草がある。牛がもしこれを食べれば醍醐を出す」とある。また、自ら一人が「五味」を経る場合がある。小乗の能力の者は、「頓教」においては「乳味」の教えであり、「三蔵教」においては「酪味」の教えであり、最後の「醍醐味」の教えで究竟する。『涅槃経』に「牛より乳が出て、そして蘇より醍醐が出る」とある。また、自ら能力の高い菩薩、または聖者の「位」に入っていない声聞がいて、「三蔵教」の中において「仏性」を見れば、それは「乳味」と「酪味」の二つの味の教えを経ることである。また自ら「方等教」の中に「仏性」を見る者がある。これは「乳味」「酪味」「生蘇」の三つの味の教えを経ることである。『般若経』の中に「仏性」を見る者は、「乳味」「酪味」「生蘇」「熟蘇」の三つの味の教えを経ることである。三百人の比丘のようである。『涅槃経』に「毒を乳の中に入れれば、五味の中に遍く広がり、すべてよく人を殺す」とある。すなわちこの意味である。

 

E.5.5.c.諸教について

『涅槃経』に「凡夫は乳のようであり、声聞は酪のようであり、菩薩は生蘇と熟蘇のようであり、仏は醍醐のようである」とある。今、この喩えを解釈すれば、総合的には「半字」「満字」「五時」の教えを喩えているのである。凡夫は病を治す道はなく、全く乳のように生である。声聞は真理を発するので、通じてみな酪のようである。「通教」の菩薩および「二乗」は生蘇のようである。「別教」は熟蘇のようである。「円教」は醍醐のようである。

今、各教えにおいて「五味」の教えを判断する。まず『涅槃経』に「凡夫は乳のようであり、須陀洹は酪のようであり、斯陀含は生蘇のようであり、阿那含は熟蘇のようであり、阿羅漢、縁覚、仏は醍醐のようである」とある。「超果」があれば、すなわち醍醐を得る。あるいは、各味に順番に入る者がある。以上はすなわち「三蔵教」の中の「頓教」「漸教」「不定教」の三つの意義である。

次に「通教」の「五味」を見れば、『涅槃経』の三十二巻に「凡夫の仏性は、血の混じった乳のようである。血とはすなわち無明・行などのすべての煩悩である。乳とはすなわち善の五陰である。このために『あらゆる煩悩および善の五陰に従って悟りを得る』という。衆生の身は、みな精錬された血によって成就することができるようなものである。仏性もまた同じである。須陀洹、斯陀含は少しの煩悩を断じれば、真の乳のようであり、阿那含は酪のようであり、阿羅漢は生蘇のようであり、縁覚から十地の菩薩までは熟蘇のようであり、仏は醍醐のようである」とある。「超果」「不定教」は(以下文はない)。

次に「別教」に自ら「五味」を明らかにすれば、『涅槃経』の第九巻に「衆生は、牛が新たに生まれ、血と乳がまだ分かれていないようなものであり、声聞と縁覚は酪のようであり、菩薩の人は生蘇、熟蘇のようであり、諸仏世尊はなお醍醐のようである」とある。具体的には「超果」「不定教」がある。

次に「円教」は、ただ一つの味の教えだけである。『涅槃経』に「雪山に草がある。忍辱と名付けられる。牛がもしこれを食べれば醍醐を出す」とある。正直純一であるために、「五味」を論じない。もし無差別の中に差別を設ければ、「名字即」から「究竟即」に至るまでの「位」に当てはめて、「五味」の生成を述べることができる。仏から「十二部経」が出る。すなわちこれは乳を出すのである。優れた医者が乳の薬を用いるべき時は用いるようなものである。「四善根」について、毒の効力が発することに対して「五味」とすることができる。