大乗経典と論書の現代語訳と解説

法華経と法華玄義などの経論を通して霊的真理を知る

法華玄義 現代語訳 207

『法華玄義』現代語訳 207

 

E.5.6.「増数」に教えを明らかにする

まず「迹」について述べ、次に「本」について述べる。そもそも、教えとは衆生に与えるものである。衆生の能力は一つではないので、教え(=法:法の意味は多いが、ここでは教えを法としているので、以下「教え」とする)である「迹」は数が多い。どうしてただ「半字」「満字」「五時」だけであろうか。まさに知るべきである。教えは無量である。その無量の教えをここでは「一法」から「八法」までとして述べる。

まず「一法」について「開合」を明らかにする。「あらゆる仏国土の中にはただ一乗の法があるのみである」とある。この教えについて理解できなければ、全く乳のように生(なま)のままである。もし「開合」しようとすれば、「円教」を開いて「別教」の「一乗」を出す。もし「別教」において理解できなければ、全く乳のように生のままである。また「通教」の「一乗」を開く。もし「通教」において理解できなければ、全く乳のように生のままである。また「三蔵教」の「一乗」を開く。開いて「四教」とするといっても、みな一つの大乗の教えと名付け、共に「仏果」を求めるのである。

もし「三蔵教」の「一乗」において理解できれば、すなわち乳から酪ができる。そして「本」の「一乗」に入るのである。もし「四教」の「一乗」において理解できなければ、またさらに「三蔵教」において、声聞、縁覚の教えを開いて出す。もし煩悩を断じて「果」を証して、心がようやく通じて安泰となれば、すなわち「二乗」を退けて、ただ大乗をもって仏を求める。そして『般若経』をもって淘汰して、心を調熟させる。すなわち「方便」の「一乗」を廃して、ただ「円教」の「実」のみの「一乗」である。このために「私がもともと誓願したように、今、すでに満足された。すべての衆生を教化して、みな仏道に入らせる。もし小乗をもって教化すれば、私は物惜しみしたことになる。このことはあり得ない」とある。このために初めに「一乗」から始まり、しかも「一乗」を開いて、終わりに「一乗」より「一乗」に帰す。

次に「二法」について「開合」を論じるが、これは「半字」「満字」の二つの教えについてである。最初に『華厳経』の「満字」を明らかにする。もし衆生にこれに耐える能力がなければ、次に「満字」について「半字」を開く。次に「方等教」において「半字」に対して「満字」を明らかにする。次に『般若経』に「半字」を帯びて「満字」を明らかにする。次に『法華経』に「半字」を捨てて「満字」を明らかにする。始めは「満字」より「半字」を開き、終わりは「半字」を廃して「満字」に帰す。

次に「三法」について「開合」を論じるが、これは「一仏乗」において「方便」の三つの教えを説く。すでに休みを得れば、仮の町を滅却する。また「三善」について述べれば、声聞を「下善」とする。

次に「四法」について「開合」を論じるが、これは「四教」である。「円教」について「別教」を開き、「別教」について「通教」を開き、次に「三蔵教」を開く。このように次第に開いて「円教」に融合する。また「有門(うもん)・すべてのものは因縁によって存在しているという教え」「空門(くうもん)・すべてのものは実体がないという教え」「亦有亦空門(やくうやくくうもん)・すべてのものは実体がないという在り方において存在するという教え」「非有非空門(ひうひくうもん)・すべてのものは存在せず、同時に実体がないのではないという教え」の「四門」について論じる。もともとこれは「円教」の「四門」である。衆生が理解しなければ、「別教」の「四門」そして「通教」「三蔵教」の「四門」を開いて出す。能力の高い者は次々と入ることができ、能力の低い者は「五味」の教えによって調えられ入る。

次に「五法」について「開合」を論じるが、これは「五味」の教えである。最初の「十二部経」から「修多羅」そして『涅槃経』を開き、教えごとに「五味」の教えを論じる。始めの「五味」より、あらゆる「五味」を開き、細かく次第に融合させ、「円満」の「五味」に帰す。

次に「六法」について「開合」を論じるとは、これは「四教」の大乗の「六波羅蜜」「七覚分」「八正道」である(注:「四教」の「六波羅蜜」で四つであり、そこに「七覚支」「八正道」の二つを加えて六つとなっている)。最初に「円教」を開いて「別教」を出し、そして「三蔵教」となる。このように縮小して融合し、一つの「円教」の道に帰す。

次に「七法」について「開合」を論じるとは、「四教」「二乗」ならびに「人天乗」をいう。もし上に向かえば、「円教」と「別教」を融合し、下に向かえば、「人天乗」を融合して七つの数を満たす。「開合」は(以下文なし)。

次に「八法」について「開合」を論じるとは、前の「八法」について「開合」する(以下文なし)。

第二に、「本門」について、教えの「開合」を明らかにするが、これは「迹」を借りて「本」を知ることである。「本」もまた同じである。

また次に、「本門」の中に、あるいは自らの身を示し、あるいは他の身を示し、あるいは自らの教えを説き、あるいは他の教えを説くことが明らかにされている。自らの身とは、仏の「法界」の像であり、他の身とは、他の九つの「法界」の像である。自らの教えとは、「円頓」の仏の知見である。これ以外はすべて他の教えである。あらゆる身の形を示すといっても、それは悟りに導こうとするためである。あらゆる道を説くといっても、その実は「一乗」のためである。これは「開合」の意義である。

このように「開合」すれば、「半字」「満字」「五味」が完全となり欠けたところはなくなる。次第することについては明らかである。次第の意義ではないことについては、理解すべきである。「不定教」については、さらに理解しやすいであろう。

一から一を開くということは、「あらゆる方角の仏の国土の中には、ただ一乗の法があるのみでる」とある。衆生が理解しなければ、全く乳のように生のままである。この「円教」の「一乗」より、「別教」の「一乗」を開き出す。衆生がまた理解しなければ、また全く乳のように生のままである。また「体空観」の「一乗」を開き出す。衆生がまた理解しなければ、また全く乳のように生のままである。また「析空観」の「一乗」を開き出す。衆生が理解すれば、これは乳から酪を作ることである。次に「体空観」に入ることは、酪から生蘇を出すことである。次に「別教」の「一乗」に入ることは、生蘇から熟蘇を出すことである。次に「円教」の「一乗」に入ることは、熟蘇から醍醐を出すことである。この中、それぞれに「頓教」「漸教」「不定教」がある。これは一より一をもって開き、一より一に帰すことである。

次に、二より二をもって開くことは、もとこれは「如来蔵」である。「如来蔵」の中に、それぞれ「半字」「満字」の不思議の二がある。衆生が理解しなければ、全く乳のように生のままである。また、「半字」を帯びる「満字」を開き出す。衆生がまた理解しなければ、また全く乳のように生のままである。また「半字」を破る「満字」を開き出す。衆生がまた理解しなければ、また全く乳のように生のままである。また単に「半字」を説く。衆生が理解すれば、これは乳から酪を作ることである。次に「半字」を破る「満字」を説くことは、酪から生蘇を出すことである。次に「半字」を帯びる「満字」を説いて、衆生を一の熟蘇とする。次に、もっぱら不思議の「満字」を説けば、衆生は醍醐のようになる。この中、それぞれに「頓教」「漸教」「不定教」がある。これは二より二を開き、二より二に帰すことである。

次に、三より三に帰す。もとこれは「即空」「即仮」「即中」の三つである。衆生が理解しなければ、次第の「三諦」を開く。また理解しなければ、「体空観」の三を開く。また理解しなければ、「析空観」の三を開く。能力の高い者は、「析空観」の三より「体空観」の三に入り、「体空観」の三より次第の「三諦」に入り、次第の「三諦」より「即空」「即仮」「即中」の「三諦」に入る。能力の低い者は、「析空観」の三に留まるために、「即空」の三を用いてこれを調える。すなわち生蘇である。また、次第の「三諦」を用いて調えて熟蘇とする。今、まさに「即空」「即仮」「即中」に入ることができる。これは「三法」について「開合」を論じることである。

次に「四法」の「開合」とは、もとこれは「円教」の「四門」である。衆生が理解しなければ、「別教」の「四門」、そして「三蔵教」の「四門」を開く。次第して入らせることは、前と同じである。

「五法」について「開合」を論じるとは、「五味」の教えについてである。前と同じである。そして「八法」までまた同じである。

 

(注:以上で『法華玄義』の本文は終わる)